野グソをするジジイ

今にしてみれば奇妙な光景だった。
子供の頃に体験した話である。

通学路の途中にトタンで覆われた建物があった。3mほど上の方に小窓があるのみで正面の扉は施錠され開いてるのを見たことがなかった。
建物の高さから2階建てだろうが人が出入りしているのを見たことがない。

その建物の前を通る時はなぜか怖くて早歩きして通り過ぎていた。
そんなある日、道路に大便が落ちていた。大きさから犬のものだと推測されたがアスファルトに直接落とされていたために不自然な感じだった。
犬ならば草むらにするはずだ。それに大便は結構な高さから落とされたように飛び散っていた。

それも一つや二つではない。結構な範囲に散らばっているのだ。
あまりの臭気に息を止めて小走りにその場をやり過ごした。

翌朝に通る時には大便は綺麗に片付けられていた。
その時はなんとも思わなかったが、学校から帰る時に必ず大便が落ちてるようになっていた。その大便を踏まないように歩くのだがあまりにも酷い臭いに通るのが嫌になっていた。

だが、その大便の主が何なのかわからなかった。なぜならその通学路を散歩コースにしている犬はいなかったからだ。
そもそもあのような大きな大便をするような大型犬を飼っている家も知らないし、大きな犬を見たことがない。

近所に住む友達も聞いたがそんな犬は知らないという。いつの間にか大便が撒き散らされているのだ。
時間的には白昼堂々とだ。
決して通りは多いとは思えないが連日大便があれば不快だし、何よりきちんと片付けている人がいるのだ。翌朝には綺麗さっぱり無くなっているのだ。

大便があることにすっかり慣れてしまった頃に思わぬ形で犯人が判明する。
その一部始終を見ていたのが友達の妹だった。

『あの窓からねー、おじいちゃんがお尻出してウンコしてたの!』
あの窓とは3mほど上にある小窓である。あそこからここに住んでいる爺がケツを突き出して大便をしていたというのだ。
爺が住んでいたのか?
それは初めて知った。人の住んでる気配はなかったし、人が住むような建物には見えなかったからだ。
正面の大きな扉を除けばその小窓しか存在してないからだ。

しかし、ジジイが小窓からケツを出して脱糞していたとは気持ち悪い話だ。

子供達の間では噂になり、クソジジイを見たことがあるという話や糞をしている瞬間を見ると追いかけてくるなど話はどんどん発展していった。
だが、毎日通っている私はそんなジジイなど見たことも無く大便を片付けている人すら見たことがないのだ。

夏休みに入るとその通学路を通る機会が無くなりクソジジイのことを忘れかけていた。
その日は友達と遅くまで遊んでいて帰路を急いでいた。日が傾き建物の影が長く道路に落ちていた。
見るとそこには大便が無い。ホッと安心して自転車を漕ぎ始めると突然目の前にベチャッと何かが落ちてきた。
それは紛れもなく大便だった。

ふと上にある小窓を見るとそこには明らかにジジイと思われるケツがあった。
ブッ!ブブッ!!と音がする度に真っ黒い糞が落ちてくる。
私は思わず『うわっ!』と声を上げるとケツが引っ込んだ。そしてそこからジジイがこっちを覗き見る姿を想像し怖くなって自転車を無我夢中で漕ぎ続けた。

まるでクソジジイが追いかけてくるような気がしてあまりの恐怖に振り向かずに漕いで家の中に飛び込んだ。
台所に立っていた祖母に一部始終を話すと祖母は笑っていた。

なぜならそのクソジジイを見た建物は葬儀社が管理しているただの倉庫で人など住んでいないのだ。

あとから聞いた話だが、問題の小窓は排煙窓でその場所から尻を出すことなど到底不可能だったそうだ。

ではあの時に見たものはなんだったのだろうか?
子供の頃にしか覗き見ることしか出来ない世界があったのだろうか?

その建物は現在は無くなっている。

スイフトRSが納車

スイフトRSが納車されました。

乗った感想は

価格の割に凄くイイ!!

まず驚いたのが意外なくらい静粛性が高いですね。
段差乗り越えた時にちょっと安っぽい音がしますが気になる程でもなくロードノイズもかなり高いレベルで遮音されています。
そしてパワステの設定もRS専用にセッティングされているらしいですが、適度にどっしりしていて軽い訳でもなく重い訳でもなくちょうどいい塩梅。
高速走行ではかなり安定しそうです。

注目すべきはサスペンションです。
欧州車のようにチューニングされた足回りがRSの特徴ですが、これがかなりいいですね。
結構な急カーブでも地面に張り付いてるようにコーナーリングしていきます。多少ロールはするものの立ち上がりがスパッと姿勢が直るので運転しやすいです。

唯一の不満はアクセルが微妙ですねぇ。電スロなんですがダイレクト感が無いというか踏み込んだら踏み込んだなりに吹け上がる感じじゃないですね。
ややワンテンポ遅れて吹け上がる感じ?
そしてある程度踏んでもエンジンは回らないです。
そこだけが感覚的じゃないというか…。でもそれもじきに慣れるでしょう。

スロコンを付ける方法もありますがECUとか心配なので今のところはいいかな。スロコン付けてもパワー出る訳でもないし…。

あとクラッチがスカスカ!
なんて言うか…全部遊び?って感じです。アルトの方が断然重かったくらいです。
まあ、それは不満でもなくてこういうものかなと。
逆に長時間運転にも疲れませんね!

ミッションはスコスコ入って面白いですね!

RSの魅力は必要なパワーを全て出し切れる面白さだと思ってます。
つまりただの通勤路でも十分に走りを楽しめるというわけです。
ちょい乗りだったのですが本当に楽しいですね~。

このレベルの車を140万円程度で作ってしまったというのが信じられないくらいです。

スイフトRSは買って良かったと思える車ですね。
これから楽しめそうです(*´ω`*)

テトテト散歩~日曜日編

朝目覚める。

今日は雨の予報だったな。そのおかげで仕事は休みになった。

神雨よ!ありがとう!!
私はひとしきり天に礼を述べると布団から出る。

普段は名残惜しい布団も休日となればその魔力も無効化する。

さて、起きてまずは優雅にチーズトーストなんてものを作り平らげ9時から始まるゲゲゲの鬼太郎を鑑賞する。

ああ、日曜日だ。これが日曜日なのだ。愛してやまない日曜日なのだ。
この一日を得るために長く苦しい6日…12日の労働を行ってきたのだ。

ゲゲゲの鬼太郎を見終わると直ぐにアルトCに乗り込む。
向かった先は東松島の『支那そばや 』である。

今日は奇跡的な日曜日営業の日なのだ。

10時ちょい過ぎに到着すると既に人の影が。
10時半になると雨の中で外で待つ人もいる。相変わらず凄い人気だ!


ワンタン麺…1040円

うむ、相変わらず美味しい!ワンタンもモチモチフワトロだ。

でもここのラーメンはやはり具沢山じゃない方がいいかもしれない。純粋に麺とスープを味わう。
かけラーメンが王道なのかも。

腹を満たし高規格道路をぶっ飛ばす。フルスロットル80キロだ。
ビュンビュン追い越され坂道で煽られながら向かったのは日本三景松島。

ちょっと気になる施設があるのだ。

おお、あれあれ!
ん??


テト『ふっふっふっ…やっと着いたな!』

テ、テトさん!?いつからそこに!?

テト『いつからも何も後部座席にずっといたぞ!』

そ、そうなのか!?なら大声で歌っていた事も…

テト『酷く音痴なみくみくにしてあげる♪だったな!』

言わないでくれぇーっ!


テト『すごく温かくていいぞ!』

本当だ!なんか湯がすべすべするね!?不思議な湯だよ。

テト『いかにも温泉って感じがするな!よくここを知っていたな?』

ははは、友達の太ろおさんが通ってるらしくてどんなものか気になっていたのだよ。

テト『太ろお?』


テト『ああ、あの人か。殴った感触は覚えているぞ!』

殴られた感触も覚えてるけどね……。


テト『元気にしてるといいな!』

そうだね。また来てもらおう!

いやぁ、いい湯だったな。実に30分も浸かっていたよ。

30分も…んん?
思い出した!!

テト『びっくりしたな!なんだよ大きな声を出して!』

いや、山形に3分しか入れないウルトラマン温泉があるんだよ!

テト『なにそれ!面白そうだな!行こう!』

テトさんならそう言うと思ったよ!
ではレッツラゴー!!

ビューン!!


テト『結構暗くなっちゃったな…』

もう三時だからね…天気も悪いから仕方がない…。


テト『ここがウルトラマン温泉か?』

うん、百目鬼(めどき)温泉っていうんだ。凄い名前だなぁ…。


テト『でもこんな田んぼの中に温泉が湧くなんて凄いな』

さすがは山形県だよね。温泉天国なんだよ。しかも低価格で源泉かけ流しを楽しめるのだから最高だよね!


テト『では行くお!』

おーっと待ってよ~!
まずは券売機を購入するのだ。

350円を払い…にしても安いなぉ…山形県民が羨ましいけど雪のことを考えるとこれくらいの役得がないとやってられないよなぁ…。

毎年雪が少なくなってるけど。

早速温泉に……っておおおおおおお!?

テト『おお!でかい声出すな!驚くだろう!』

⚠実際は混浴ではありませんが物語の撮れ高の関係でフィクションで混浴にしてます。背景画像はネットでお借りしました。

テトさん…あの…てか…(ババアが邪魔なんだけど…)

テト『とりあえず入ろう!結構熱いな!』

うん、3分を目安に出たり入ったりしてって書いてるね。成分が濃厚だから湯あたりするんだってさ。

テト『ふーん。君のことだから3分では済ませないだろ?』

もちろん!せっかく来たから30分は入るよ!

テト『ふぁ~もう3分だ!』

お!出ちゃうの?
(やった!テトさんのヌードが見れるぞ!)

しかしテトさん綺麗だね…。


テト『褒めたって何も出ないぞ!』

いや!(出てるけど見えねぇ!!くそばばあ!そこどけ!!この心の声が聞こえないのか!?)

ババア『ああん?なんだってぇ?』

いや、別になんでもないです…ははは。

テト『そういえばこの前お姉ちゃんと温泉に行ったらしいな?』

おん?そうだけど。(あの日記は運営の怒りを買って削除されたんだよな…この日記も怪しいぞ…ギリギリを攻めてるし)


テト『ボクだって結構あるだろ?お姉ちゃん程じゃないけど…』

えええっ!?なんでこんな時に大胆なの!?てか(くっそババア!邪魔ばかりしやがってぇ!!そこをどけ!そこのけ!!)

ババア『あらやんだァ~そんなに見ねえでけろっちゃや~おしょすいごだぁ!!』

だぁあああああああああああ!!?見たくもないものが見えるぅぅぅぅぅ!目がぁああ!?

カポーン…


テト『いい湯だったな!とても体が温かくなった!』

そうだね…私は目が悪くなった気がする…。あのババアめ…。


テト『見ろ!いい景色だぞ!』

本当だ…今日も終わりなんだねぇ…楽しい日曜日だったよ。
明日からまた労働の日々が始まるんだねぇ…。

百目鬼温泉はとても良い温泉でした!
普通に30分くらい浸かってましたが…特に湯あたりしたとかはないですね…。

低価格で入れるのが魅力的ですが、個人的には松島温泉の方が好みでした。足湯だけでしたが全身浸かりたいと思いました!!

また機会があれば山形に行きたいですね!
撮影時間はたった1時間でしたし…。

また行こうっと!

お借りしたモデル

重音テト…アレン・ベルル様
ばばあ

ビスコ13個目.積み重ねること

歴代ビスコと共に…。

一日を無駄にせずに一つ一つ積み重ねていくことが大切だ。

だから真っ先に辞めたのが酒だった。飲めば酔って寝るだけになってしまう。時にはそんなことも必要なのかもしれないが酒を辞めることで自分を律することが出来て日常生活は充実するのだ。

もう酒を飲みたいとも思わなくなってきた。どうしてあれに金を使っていたのだろうと今にして思えば無駄金だったかもしれない。

自分だけ酔って気持ちよくなっても酔いが覚めれば終わりなのだ。

そろそろビスコと共に旅をしたい。そう思う。

住友生命保険のバイタリティーを始める話

気持ちはR18のままなんですが肉体は確実に40代なので生命保険料が上がりました…。

12000円超えです。
保障など契約状況は個人差がありますが極力保障下げてこの価格です。月額12000円は辛い…。
正直安くはない。

毎月一回転寿司食べたい私にとっては高いのです!

そのためにランチはダイソーの東京拉麺(4個で110円)で抑えてます。

公的健康保険が月35000円なので…保険だけで爆死してしまいますね…。
私のお給金は保険&税金だけで無くなる計算です。

せめて生命保険は抑えたい。でも無ければ無いで税金面で不利になるし万が一の時を考えれば不安になります。

就職氷河期時代を生き抜きリーマンショック以来の不景気を味わい東日本大震災で運良く生き残り新型コロナウイルスの脅威に怯え…とまぁ何となく生きてますが人間一何時どうなるかわからないもの。

ワニみたいに100日後に死ぬとわかってるならいいんですけどね!

んで保険屋さんに相談しました。

『保険料で死にそうです!助けてください!!』

すると提案されたのが住友生命保険のバイタリティーというライフプラン。

これはなんとアクティブに運動すればするほど保険料が安くなるという面白い試みのプランなんです。

これはスマホにアプリを入れて歩数カウントに応じてポイントが貰えて、ポイントが貯まるとステージが上がり保険料に反映されるというもの。

なるほどな!
これはまさに私にピッタリなプランじゃないかと早速契約。
そしてアプリをスマホに導入。
(これまた月額880円と高額である)

あとは稼働待ちですが、アプリレビューを見ると星一つがズラーッと…何コレ??

なんとエラーが頻発しているらしい。

しかもバイタリティーアプリだけでは歩数カウントをせずに他のアプリを導入しなければなりません。

え~…有料アプリなのに1つのアプリで完了しないの…??

そしてその導入アプリがS-healthとこれまた悪名高いアプリなんですがね…。

稼働前に不安になってきました。

しかも同期が手動とかwww

うわぁー…面倒くせぇ!!

私はmineoの3GBプランなので常に通信してるとやばいんですよね。だから手動同期は悪くはないのですが、せめてWiFi環境下において自動更新してほしいですね。

まだ稼働前なので細かいレビューは後にするとしてもう不安になってきました。

その不安を煽ってるのがレビューに対する返信が全て定型文で全く誠意を感じず、本当に運営大丈夫なの!?って思いました。
まぁ、膨大な数のレビューに対して個別返信するなんて物理的には不可能なんですがね…常に改善されるようにしてほしいです。

明日はそのバイタリティーを始めるにあたって不安なことを話しましょう。

ではそういうわけで
アデュー☆

ビスコ12個目.やりたいことが多いのに何一つしていない

ミクちゃんとビスコ!

なかなかこちら側での更新が進まない。明らかに編集しやすいのに…。

ついにビスコも12個目に突入した。このチャレンジに意味はあるのだろうか?と思う節がある。

薄々気付いてはいるが

全く意味は無いだろう!

そうなのだ。全く意味が無いのだ。出来れば創作メインで進めたいブログ更新なのだが全く意味の無い駄文で埋めつくそうとしている。

漫画もいろいろと描いてはいるが全く公開もせずに塩漬けのままだ。どうしたらいいのだろう…。

もしだよ?ビスコ100個目に到達したら何かが変わっているの?やりきった先には何が待っているのだろう?

虚無感なのか?それとも達成感?

わからないが今日はとりあえずこんなところです。

ビスコ11個目.続けることの難しさ

猫の巣とビスコ!

何でもそうなのだが続けることは尊いことだ。そして何よりも力になることだ。

思えば私の人生は三日坊主の繰り返しだ。これは散々親父殿から罵られたことでもあった。

「お前なんか何でも三日坊主だ!」

そう言われてきたのだ。

かくいう親父殿も三日坊主だから十分な説得力と言える。その遺伝子は確実に私へと受け継がれているのだ。運動をしているのを1度も見たことがない。おそらくは一生腹筋がシックスパックにならないまま朽ちていくのだろうと思う。

そんな私でも続いてることがある。

3年に渡る筋トレである!

しかも効率が良くないと言われる自重トレーニングばかりを続けたのだ。

なぜなら近くにジムが無かった。仮にあったとしてもお金が無かった。

労働にかかる拘束時間も長かったために異動するのが面倒くさかった。

なので家でも出来る自重トレーニングだけをやることにしたのだ。結果は目に見える形で現れた。

それはまた別な機会に話そうか。

そんなこんなでビスコチャレンジも続いている。これがどんな力になるかは不明だが何かやりきった感くらいは得られるんでないかな?

それにしてもブログ更新はよく滞る…。こんな短い文章でも書くのは大変なのである。

ビスコ10個目.

猫とビスコ!

写真映りは良くないがビスコ10個目に到達。

一つの菓子を食べ続けたのはたぶん人生初かもしれない。ビスコに限らずお菓子はあまり食べない生活をしてきたので今まで食べてきたお菓子の量を超える勢いだ。

ビスコにも様々な種類があるけど、大人向けというのが無い。例えば少し苦手なビターなコーヒー味とかあったらいいなぁ。

いろんなシーンで食べられるビスコだがもっとバリエーションがあったら嬉しいな。今後に期待しよう!

ビスコ9個目.焼きショコラ!!

ミクさんとビスコ!

これは初めての味。焼きショコラである。

香ばしさが加わり大人の味わいといった所かな。ビスコにも地域性があったら面白いよね。

北海道ならバター味、青森ならリンゴ味、岩手ならヨーグルト味、秋田なら……云々。

47都道府県にそれぞれのビスコがあったなら制覇してみたいな!

さて、この焼きショコラのお味はというとかなり美味しいね!飽きない味!毎日食べても飽きない!

コーヒーのお共にどうぞ!って感じです。

ビスコ8個目.この日は東日本大震災が起きた日

ミクさんとビスコ!

ビスコを食べて美味しく強くなろう!というわけで8個目。

この日は東日本大震災が起きた日だ。あの日私は仙台にいて被災した。(記事作成日時と日付はリンクしてません…)

鉄筋コンクリート造の建物が豆腐のように揺れているのは鮮明に覚えている。そしてラジオから流れる3mの津波予想も…。実際は10mクラスが来てしまったわけだけど…。

あの時、とにかく家族の安否が心配だった。それは誰でも一緒。全く知らない人達から『頑張ろう!』って声をかけられた。

あの日は雪が振りとてつもなく寒かった。3月とは思えない程に残酷な寒さだった。

海岸沿いにはありえない程の水が押し寄せていた。これは夢だと強く思った。でも肌に叩き付けられる冷たい風がこれは現実なのだと残酷にも伝えていた。

震災のことはまた気持ちが落ち着いた時に話そうかな。

この日も特別何かがあったわけではなく、普通に労働して何事もなく過ぎた日だった。