【宮城のラーメン】これで550円!?圧倒的安さの美味いラーメンセット!!

つかさ屋の価格設定が信じられない!?ラーメンセットが550円。

宮城県のローカルスーパーである『つかさ屋』

元は小さな八百屋から始まったスーパーたが、今では仙台市内に5店舗展開する市民から人気あるスーパーだ。

品揃えは他のスーパーと一線を画し、アレを買うならつかさ屋!といった使い方をするユーザーもいる。

価格はずば抜けて安い!というわけではないがある意味特殊な品揃えでユーザーの獲得に成功していると言っても過言ではないだろう。

そんなつかさ屋だが、中にフードコートがある。

このフードコートがあまりの安さに脳がバグるという減少が起きる。

今回お邪魔したのはつかさ屋東仙台店です。

では入っていこう。

仕切られた空間は特別感があるフードコート

フードコートは店に入って左の奥に存在する。

きちんと扉で仕切られた特別な空間になっている。

座席数も結構あるが昼には満席になることもあるのだ。

メニューはレジカウンターの上部に張り出されております。

これは安い…全体的に安いぞ!

特に気になったのはラーメンセット。

おいおい…ラーメンにネギ入ってるだけのネギラーメンと40円しか違わないんだぜ?

ミニカレーってどんなんだろうか?

一口食べて終わり的な?

それではこれを注文してみよう!

レジで注文し、お金を払います。

本当に550円でした!当たり前かw

そして登場したのがこちら!

ラーメンは普通のサイズ。どこにでもある普通の大きさだ。

そしてミニカレー…これ、全然ミニじゃないぞ!?

家で一人でレトルトカレー食べる時に冷凍していたご飯をレンチンして用意して食べる普通くらいの量がある。

ちょっと少食な人なら十分に事足りる量だ。

これで550円は安すぎだろう!?

昭和の食堂じゃん!!

なんなら高倉健みたいにビールも注文したくなるわ!

まぁ、酒は飲めんからな…。

スープは透明な琥珀色。

香りはなんとなくカツオ出汁のような…?

あっさりしていて美味しいスープです。

昭和的な、支那そば的な雰囲気のスープですね。

麺は至って普通の中華麺。

こういうのでいいんだよ、こういうので。

啜ると口の中に広がるスープの旨味…ああ、うまい点この値段でこのラーメンが味わえるなんて贅沢じゃないか…!

この値段では信じられないがきちんとしたチャーシューが入っている!

これがまた筋張っていて、いかにも肉っ!って感じでうまい!

なんとなく食べていてわかるのは、私は本当に安っぽいラーメンが好きなんだなって思った。

安っぽいというか本当に安いんだけどね!

それにしてもうまい。値段の割にうまい。

カレーは子供でも食べられる辛くないポークカレー。

これもラーメンのうまさを邪魔しない辛さで交互に食べても全然平気!

カレーにはきちんとお野菜も入っていてなんとなく学校の給食カレーを彷彿とさせる。

ご飯も結構量が多く、前述の通り、これだけでもお腹いっぱいになる人もいるのではないだろうか?

このセットが550円。

このご時世ラーメン一杯でも1000円だ。

無論、企業努力や徹底されたシステム化に生み出された脅威の価格破壊だが、決して安かろう悪かろうにならずにお値段以上を提供してくれるのではないかと。

ちょっと買い物ついでに立ち寄ってお昼を済まそうか、そんなニーズに寄り添って応えてくれたのがこのつかさ屋のフードコートだろう。

安くて美味しいのでぜひ体感してもらいたいな。

今回お邪魔したのはつかさ屋東仙台店でした~。

住所:〒983-0822 宮城県仙台市宮城野区燕沢東1丁目6−33 つかさ屋東仙台店

↓YouTubeも更新しております!

【宮城のラーメン】塩竈市民のソウルフード! 中華料理の店 竹屋 の中華そば

塩竈市 竹屋 の中華そば

宮城県塩竈市はマグロの漁獲量が多い港町だ。

寿司屋も多いがラーメンも一押しなのだ。

かつて塩竈には

『塩釜ラーメン御三家』

というものが存在していた。

来々軒、更科本店、金富士が台頭していた。

しかし、金富士が閉店しラーメン御三家はあまり大きく取り上げられなくなった。

だが、その人気ラーメン店に負けずとも劣らない店が塩竈にはあるのだ。

それが

中華料理の店 竹屋

である。

かつては雑居ビルの一画に入っていたが建物の老朽化により惜しまれつつ閉店し、移転して現在の店舗になったのだ。

元は居酒屋が入っていた店舗らしい。

綺麗にリノベされている。

駐車場はわかりづらい!

ここは注意したいところだが店舗脇の駐車場は

月極駐車場なので駐車できません!

間違って駐車するとご迷惑をおかけてしまうので注意したいところである。

では駐車場はと言うと

道路挟んで向かいである。5台分が店の駐車場。

駐車場問題は店舗存続に関わる大きな問題なので注意したい。

さて、お店に入ると席は8割埋まっている。

さすがに人気店だ。

ラーメン御三家には入っていないが、私的にはそのラーメン御三家の上にあるのが竹屋と思うくらいだ。

多くの人がこの味を求めてやってくる。

塩竈市民のソウルフードと言っても過言ではない。

中華そばの大盛り。

具はメンマ、ネギ、ナルト、チャーシューのシンプルイズベスト!

たくさんのスープもポイント高い。

本当に昔まんまだ。

竹屋のラーメンを愛する人は多い。

近くにある『ひょうたん』でホルモンを食い、酒を飲み、シメには竹屋というのが定番コースだろう。

透明度が高い清湯スープ。

とにかくこの香りと味わいは竹屋でしか味わえない秀逸なものだろう。

臭みがなく、旨味が閉じ込められたスープは今まで飲んだことのない不思議な味わいだと思う。

これがずっと守り続けてきた味なのだ。

かつては親子でやっていたが、親父さんが他界されてからは息子さんが切り盛りしている。

あまり多くは語らない寡黙な感じだが、よく親父さんとお店でバトルしていたのを覚えている。

バトルというか親父さんが怒号を上げている感じだが、これもまた店の名物の一つであった。

麺はこれといって特徴がない至って普通の中華麺。

この至高のスープに合わせるならこれくらいの麺で丁度良いのだ。

ああ、しかしうまい…なんたる旨味…程よい塩味が喉を流れていく。

とにかく優しい…優しい味なんだよ、竹屋の味は…。

無我夢中手麺を啜る。

親父さんが店の中で怒号を上げていたあの日々が懐かしく思える。

息子には厳しいがお客さんにはとても優しい(笑)

だがあの厳しさがあったから、この味が受け継がれたのだろう。

そして…なんとなく食べていて気になったのが…

相変わらずチャーシュー小さ過ぎ!!(笑)

まぁ、中華そばのチャーシューはオマケみたいなものですからね。

チャーシュー麺は容赦なく入っているのでご安心を。

皆様も塩竈に来る機会があれば、ぜひこの一杯を堪能してもらいたい。

↓YouTube動画も更新しております!↓

中華料理の店竹屋の店舗情報

住所:〒985-0002 宮城県塩竈市海岸通6−6

営業時間:11時〜15時 17時半〜21時

定休日:木曜日

注文方式:口頭で注文

席:カウンター、お座敷

【エッセイ】逃げるなんてずるいぞ!

辛いことから逃げるな!

2024年は辛いことばかりだ。

明るいニュースもあることはあるのだろう。しかし、PV数を稼ぐならセンセーショナルな方がいい。

そういうご時世なのだからどうしてもネガティブで人の関心を引きやすいニュースが多くなるのかもしれないな。

個人名は伏せるがとある有名な方が自ら命を絶った…。

私は思ったね。

『ずるいな…』って。

自ら死を選ぶのはずるいんだよ。

逃げるだけ。

残された人は?とかまるで考えない。

私はね、そんな事はあってほしくないと思っている。

絶対にあってはならない。

だって人間はね、

その人自身もだし、その人が生み出した仕事も愛されて必要としてる人もいる。

だから死んではダメとは言いづらいんだけど…

「あなたが生きてるだけで希望を持っている人はたくさんいると思う」

ではなぜずるいと思ったのかと言うと、

私は365日死んでしまいたいと思っている人間だからだ。

そんな人間があーだこーだ言うのは間違っているのかもしれないし、自分が死にたいとか思ってるくせに他人に死ぬなとか言うな!とか思うかもしれない。

んー、でも死にたいと思ってても死ねないというのが正解かもしれない。

例えば苦痛も何も無い安楽死装置みたいなのがあれば、それになんの躊躇いもなく入るのかもしれない。

だって私はこの世界に生きてる価値なんて見出していないもの。

身も蓋もないよね。

私はね、死にたいと思ってても

だから每日ダラダラ生きてるだけだよ。

でもその人生の中で簡単に決断してササッと死んでしまえる人達はただ羨ましくてずるいと思っただけなんだ。

私よりもキラキラしてて

多くの人に希望とか与えて

たくさん楽しませて

それなのに些細なことで死んでしまえる。

それはずるいよ。本当に。

生きることはそれだけで辛い。

だから辛いことから逃げてしまうなんてずるいよ。

今のわたし

悲惨な大震災から始まった2024年。

私は昨年で25年間従事した職場を退職しました。

長年痛めていた右肘の状態が芳しくなかったのと、交通事故での後遺症に悩まされていました。

それによって通常の業務をこなすのが困難になり、每日がとても辛かったこと。

私の仕事は遠くの現場まで移動する負担も大きいものでした。(片道二時間は当たり前)

ずっとずっと辞めたいと思っていたものの、貯金もなかった上に高齢者を抱えていると無収入期間はとても恐ろしいものです。

しかし、過重な責任と業務ら肉体的な限界を超えて心が壊れていくのを感じていました。

顕著なのが物忘れ。

◇聞いたことをすぐに忘れてしまう。

これは重要な情報だった場合にうまく伝達できないという恐ろしさがありました。

数分前に置いた物でさえ、どこに置いたか忘れてしまう。

何かを取りに立ったら忘れてしまう。

そういう事が日常茶飯事に起きるようになっていました。

◇文章が書けない

以前は頻繁にブログを更新していたのにある日突然、文章が書けなくなりました。

編集画面を開いても何も思い浮かばない。

題材はあっても編集するまでエネルギーが確保できない状態が続いていました。

まるでピースの合わないジグソーパズルをやっている感覚に陥ってしまったのです。

絶対に合うはずないのに自分の中では

『絶対に組み合わせなきゃ!』

という強迫観念にとらわれてしまい何も書けなくなってしまいました。

◇将来に対する不安

人生は折り返し地点をとっくに過ぎてしまいました。

初老の年齢に達したわけですが、ここまで貯金は無し。結婚無し。当然子供無し。

とないないづくしではありますが、働いていたにも関わらず老後資金が無いというのは大きな不安がありました。

国民年金ですら未納期間もあり、満足な年金は貰えないでしょう。

当然、勤めていた事業者は個人事業所だったために厚生年金など社会保険は一切無し。

有給休暇なんてあるわけないし、ボーナスもない。

休みは日曜日オンリーで、現場によってはその休みすら無くなってしまう。

年間休日は53日程度。

一日12時間から15時間は拘束されてしまいます。

人によってはそれが普通と思うかもしれません。

ですが、子供の頃からストレス解消の仕方が下手だった私はいろんなものをずっと抱えてしまい壊れていくのを感じながら、まともな自分を演じていきました。

このままここで働いていたら将来は生きていけない!と思い、インボイス制度を理由にして退職しました。

結局は人生の時間を浪費しただけで何も手に入れる事はできませんでした…。

25年間…何だったんだろ?

◇少しずつ“私”を取り戻す

全てのしがらみから解放されてゼロになりました。

25年間費やした時間で得たものは何も無かったということです。

仕事が切れれば、『調子はどうだ?』とか近況を気にしてくれる人もいない。

これは私の人望の薄さでもあるのですが、元より友達を作ることが下手くそだった私だから当然の結果です。

人との距離感…?

が理解できなくて、細々と陰日向で生きる道を選んでしまった。

でも休んでいる内に気持ちも少しずつ人間らしくなってきているような気がします。

しかし、そうは問屋が卸しません。

高齢になる親父殿が五十肩?を発症してしまい要介護となりました。

普段から運動不足と睡眠に対する意識の低さからか、ある日と突然発症しました。

ベッドでは寝れないからとリビングでストーブを炊きっぱなしでソファーで寝る日々。

ほぼ24時間炊きっぱなしだから灯油がギュンギュン減っていく…。

だが節約もへったくれもない。灯油代は私が負担しているのだから…。

休養中に確保していた僅かな貯金もみるみる間に目減りしていく…。

おまけに家で休養しようにも親父殿の

「うあぁ…いでぇ~いでぇ~…」という呻き声を四六時中聞かねばならない。

コップ一つ取るにも呼ばれる、服を着せてやり脱がせてやり…毎日自分のための時間は取れない。

こんなはずではなかったのに…と思いながらも今まで自分のために金も時間も使えてきたか?というとそうでもない。

抑圧された少年時代を送り、社会人になったらなったで自由に給料を使えるわけではなかった。

その殆どが生活費に消え、好きなことに使える余裕などなかった。

結局はこの男に一生振り回されるのかもしれないという諦めの中で失望に近い気持ちで生活をしております。

ああ、また手を貸さなきゃならないのか。

──そんな日々です。

◇広告◇

今のわたしになるまで~うつと向き合った1年間の記録

新品価格
¥1,400から
(2024/1/22 20:01時点)

【宮城のグルメ】圧倒的コスパ!濃厚豚骨ラーメンが格安で味わえる松島の一番堂

日本三景松島で濃厚豚骨ラーメンが味わえる!?一番道に突撃!

日本三景として全国に知れ渡る風光明媚な松島。

その松島で何を食べるか悩む方も多いだろう。

松島は観光地。観光価格と言われ田舎で食べるよりも割高な感じは否めない。それは仕方がないのだが松島には地元民がよく訪れる店がある。

それは観光地である松島海岸よりも山沿いに車を走らせる。国道45号線を北上し、大郷町方面へ行くと初原地区にその店は存在する。

赤い看板が目印。

松島とんこつラーメン一番堂の外観

松島とんこつラーメン『一番堂』である。

松島と言えばあっさり醤油の中華そばがメインであり、豚骨ラーメンとなると取り扱う店はほぼ無い。

とても貴重な存在なのだ。

地元民からも愛されており、いろいろと入れ替わるテナントにおいて長く営業を続けているのだ。

注文方式は食券式

入口入ってすぐに左側に券売機があります。

松島とんこつラーメン一番堂券売機

ここはベターな左上を選びたいのだが、黒豚骨ラーメンが気になるのでチョイスしました。

そして味玉トッピングと。

松島一番堂食券

店員さんに食券を渡す際に太麺か細麺か聞かれるので太麺にしました。

お水とごはんはセルフ方式です。常識の範囲内で好きなだけ食べられます(笑)

実際に写真だけ撮影して食べない人とか稀にいますからね…。盛るだけ盛って写真撮影してお残しなんて言語道断です!

黒豚骨ラーメンは本格的な濃厚な味わい!

松島一番堂黒豚骨ラーメン

マー油が入ったスープは絶妙な香りとコクを与えてくれる!

キタキタ!

提供もとても早いですね。濃厚豚骨の香りがします。臭みも無くていい香りですよ〜。

スープはマー油が入ってるのかな。すごく美味しそう♪

松島一番堂黒豚骨スープ

ズズッと一口…うーん、ウマい!

塩味が程よく豚骨のクリーミーな旨味が舌にまとわりついてくる。

スープは人によってはぬるいと感じるかもしれないが、これだけの濃厚な豚骨なら致し方ないかもしれない。

決して悪い意味ではなく、とても食べやすいと感じた。

柔らかめの太麺が食べ応え抜群。

松島とんこつラーメン一番堂 黒豚骨ラーメンの麺

家系を思わせる太麺。

これが食べ応えがあって良い。食感も柔らかくて、ねっとりとスープを絡ませてくれる。

ふむふむ、これはなかなかいい感じ♪

ご飯は食べ放題。そのサービスに甘えましょう!

ご飯は食べ放題です。なので

ぐふふ…まるでまんが日本昔ばなしみたいな盛りだぜ!

これに麺をトントンして食べるんだ♪

米は宮城県産ということで美味いに決まっている。

この輝き…米サイコー!!

まずはそのままいただくと、ふむふむ、炊き加減もいいね。

米の旨味を存分に味わえます。そして麺をトントンして食べます。

うんまぁ…♪

あとはラーメンの具材を乗せたり好きなようにして食べます。

これだけ楽しんで価格は1000円ちょいだなんてコスパ良過ぎですね♪

松島とんこつラーメン一番堂は本格的な濃厚豚骨が味わえる貴重なお店。

店なんかなさそうな片田舎でひっそりと営業を続けている一番堂さん。

これからも美味しい豚骨ラーメンを提供してください。

お店から出る時に「気を付けてお帰りください」と声をかけていただきました。

気持ちよく食事ができて腹いっぱい胸いっぱいになりました。

まや来ようっと♪

駐車場も広く駐めやすいです。お昼時でも並ぶことなくスムーズに入店できました。

回転もいいようです。

松島とんこつラーメン一番堂の店舗情報

住所:〒981-0204 宮城県宮城郡松島町初原砂押23−1

定休日:なし?

注文方式:食券式

カウンター、座敷席