タグ: 純喫茶星港夜

【喫茶店】純喫茶星港夜の運命とたい焼き

土曜日の夜。私はとある場所へ向かっていた。そこはかつて毎週のように訪れていた場所。私の活動の中心地。

『純喫茶星港夜(シンガポールナイト)』

である。もはや10年近く(以上?)の常連でした。というのも昨年は青森で生活していたために訪れる機会がなくなり、更には交通事故で怪我をしてしまい長距離の運転ができなくなったことで足が遠くなっていた。

「マスターは元気だろうか?」

懐かしくなり行きたいという衝動に駆られて車に乗り込んだ。いやしかし仙台まで行けるか?

普段からも片道2時間の自動車通勤で地獄を見ている。降りる時は自分の足を手で持ち上げて降りねばならない。休みの前の日くらいゆっくりしたい…でも行きたい!!

こうして50分ほど車を走らせやってきたがコロナの影響で休みが多くなっている。果たして営業しているのか?

不安に駆られながら向かうと暗い路地に柔らかい明かりが灯っていた。

近くのコインパーキングに車を置いて店へと向かう。こちらのお店は本当に閑散としてて夜は一人か二人かしか来ないのだ。先客が一人…。

中に入るとマスターが出迎えてくれた。不思議だなぁ、一年近く訪れていなかったのに会えば先週も来たような錯覚に陥る。マスターもオカピさんも元気にやっているようで安心した。

なんだろう…なんか実家に帰ってきたような感覚がする。いや、気が付いたら自分だけが歳を取った気がする。かつてはいろんな人と訪れたが今は私独りだけだ。だがそれも人生の一部であるし、一期一会なのだよ。

小さな喫茶店だけど今の時代にはない趣がある。幹線道路から離れているために音も静かだ。まるでここが仙台であることを忘れてしまう。

濃いめの『運命』とたい焼きです。

運命と呼ばれる珈琲は濃厚でありながら苦味の中に甘味を感じる逸品。この一杯で語れる夜がある。私の中では日本一美味い珈琲だ。

たい焼きは小さいけどしっぽまであんこがぎっしり!真ん中のはアイス。雪見だいふくみたいな感じ。クリームとたい焼きって合うんですよねぇ。それから珈琲飲むとまた美味しいんですよねぇ。

衣がサクサクで熱々のたい焼きは美味しい…あ!いつもならクリームでたい焼きをバッハにして遊んでから食べるのにそのまま食べてしまった…!

なんか帰ってきたって感じがする。

メニューにはマスター力作のたい焼き。

この味のあるメニューはとても好きだ。マスターが一杯一杯魂を込めて淹れる珈琲は絶品だが価格はラーメン並みです。でも不思議と高くは感じない。なぜなら…これには珈琲を飲む時間と空間が含まれているからだ。

忙しい現代人にはそういう時間が必要だと思います。

今度は話題のティラミスをオーダーしたいと思います。あ!メニュー表紙に私のYouTubeチャンネルが…!!

そうそう、YouTubeで『純喫茶星港夜』と検索するとほぼ私のチャンネルがヒットするんです。露骨なPRではなくちょっと行ってみようかな?とやんわりと思って貰えるような動画にしてます。

相変わらず登録者数は少ないですが私自身は細々と生きていきたいのでちょうど良いのです。

でもこの純喫茶星港夜での時間はいつか追憶の中の存在となってしまう。それはなんでもそうなんですが…。

出来ればマスターが『引退』する時まで営業していただきたいと思います。コロナで閉店とか売上が無くて閉店は悲しい…。

だから一人でも多くお店に行ってほしいです。とても良い時間を過ごせると思います。

そこは

『運命と出会う小さな喫茶店』です。

【喫茶店】純喫茶星港夜

仙台の路地の途中にある小さな喫茶店。ひっそりとした場所に佇むその建物は異彩を放っている。

夜になれば柔らかな光が灯り、緩やかな時が流れる。仄かに香る珈琲の匂い。レトロで時間を忘れてきたのではないかと思う調度品。たくさんの人が共に時間を過ごしたであろう店内には数々の思い出が溢れているようなノートが置いてある。

今という時間は一瞬で過去のものになっていくのだ。

人生で当たり前のように過ごしてきた時間は決して戻ることの儚さであることをあの頃に知るべきだったのかもそれない。

あの頃の君に会いたいというのは贅沢だろうか。何もかも変わってしまった今はただの日常でさえも重く辛くしてしまう。

君は誰かの傍らで微笑んでいるのだろうか。