タグ: 塩釜

1.テトテト散歩~塩竈散策編

2021年。夏。

「あぢ~…」

外はすでに梅雨が明け初夏を過ぎて猛烈な熱波が襲っていた。待ってましたと言わんばかりに蝉が一斉に鳴き始め両耳の鼓膜をひたすら震わせていた。

私は暑さに項垂れていた。楽しいはずの休日もこうして何もせずに過ぎていくのは寂しいものだ。だが普段からの重労働によって疲労困憊な体を労うためにもぼんやりする時間も必要だろうとポジティブに捉えていた。

まだ半分目が覚めてない体を奮い立たせてベッドから起き上がる。リビングに行くとテトがいた。

テト「年明けまで寝ているつもりだったのかお?」

「いやぁ…さすがにこう暑くちゃ何にもしたくないよ…今にも溶けてしまいそうだよ」

テナ「なんにもしないことも立派な休日ですよね」

重音テナはテトの双子の姉。たまにテトに会いに来ている。普段は戦場で医師として働いている。

「おお、テナさんは理解あるなぁ。そうだよ。休日だから遊ばなくてはならないということはないのだ。なんにもしないことも仕事の一つなのだ!」

テト「ほう~、だからって昼まで寝てることもないだろう」

「昼?」

ググ~…。

うむ、なんにもしなくとも腹が減ったぞ…なんか美味しいものを食べたいなぁ…。ふむ。

ふと思い出したのだが美味しいマグロ丼を食べたいと思った。最近はコンビニのおにぎりやカップ麺ばかりとかなり荒んだ食生活を送っていた。たまには新鮮な海産物を食べたいと思ったのだ。

思い立ったら吉日そそくさと準備をし意気揚々とハンドルを握り向かったのは宮城県塩竈市だ。塩釜と表記されることが多いが塩竈と書くし鹽竈とも書くらしい。いずれにしても難しい漢字だな。最近は『鬼滅の刃』で一瞬盛り上がったようだ。

さて、天候はまさにピーカンな空…日影がない…。気温もギュンギュン上がっている。

駅裏にはすぐにイオンタウンがある。こりゃあ一旦中に入って涼んでからにするかなぁ…私の車はエアコンが壊れているんだ。

??「よう!待っていたぞ!」

「なっ!?」

「テ、テトさん!?どうしてここに!?」

テト「君がなにやら企んでるようだから車の後ろに乗り込んでいたお」

「相変わらず行動が素早いなぁ…で?私はマグロ丼を食べに来たのだが…」

テト「もちろん君のおごりだろ?ボクがここまでついてきてあげたんだ。当然じゃないか、!君は天性の方向音痴だからな!ボクがいなきゃ家に帰れないだろ?」

「まぁ、やっぱりな…それでマグロ丼の店のリサーチを全くしてこなかったんだけど…」

テト「スマホで検索すればすぐに出てくるだろ?大体君はいつも何も考えないで飛び出すから現地で迷子になるんだお!」

「それじゃつまらないよ。ここまで来たんだからゆっくり散策して探すことにするよ。それに塩竈ならどこでも美味しいマグロが食べられるんじゃないかな?」

魚市場が近くにある港町塩竈ならではのものだ。

テト「それもそうだな…ボク達の旅はいつもこんな感じだお!」

こうして我々はマグロ丼を探す小さな旅を始めたのだった。

___________________________________________

-クレジット-

重音テト、重音テナ…ベ・ルル三錠様

アニメ調シェーダー…KAYA様

鹽竈神社の階段に立ち向かえ!

日曜日に支那そばや石巻で昼食を済ませた後に塩竈に向かった。

本当は石巻のあゆみの公園でワークアウトをしたかったのだが大変な人出で駐車場も満車だったので諦めた。

そこで思い出したのが塩竈だ。

(そういえばまだ初詣してなかったな…)

とふと思い立ったので鹽竈(しおがま)神社へと向かった。

だが普通に神社に向かったのでは面白くない。北浜から歩くことにした。

 

北浜は階段の街だ。至る所に階段があって複雑な道を構成している。
建物は見えているのだが行き方がわからないなんてことはざらにある。

体を慣らすためにいくつもの階段を上ることにした。

だが気を付けなければならないのは不用意に上がっていくと他人様のお庭に出てしまうこともあるので注意しなければならないのだ。
なんの用事もないのに私有地に立ち入るのは明らかに不審者だ。

そういうわけで注意しながら歩く。

面白そうな階段を発見。手すりがうねうねしてて面白いな!

段に合わせているわけか。
これは良いような悪いような…なんか手すりとしては使いづらいような気がする。

いくつかの階段を利用して迷路のように入り組んだ狭い道を歩く。
この高低差が意外と膝に来る。上る時は一気に下る時はゆっくりと。

全く舗装されてない裏道や

雑な作りの階段を上っていく。


階段の途中に鳥居があったりとなかなかの異世界チックな景色が…。

宮町に抜けると重なる建物が。どうやってあそこに行くのだろう?と歩いていくワクワク感は堪らない。

これまた知らない道。初めて来た。

古い階段や古い建物の間を抜けていく。

急勾配で狭い道は面白い。転んでしないように慎重に歩いていく。
細路地からメインの道路に出て丹六園の脇を通る。これは文化財として指定されている。
『志ほがま』という銘菓を作っているのだが実は食べたことが無い…機会があれば食べてみたいものだ。

さて、鹽竈神社に到着したがここまで結構歩いてきた。体力も消耗している。

目の前には長い階段が存在していた。なんというラスボス感…。

私は毎日毎日10km近く走って鍛えてきた。
一分もかからず上りきれるのではないか?
香川の金比羅山だって休憩無しで上りきれたのだ。それもインフルエンザを発症しつつある状態で!

体も温まっている。
呼吸を整え地面を蹴りスタートした。

ストライドを大きくして反動をつけ体を前へ前へと繰り出す。
たちまち中心部まで到達。まだ30秒もかかってないはずだ。

しかし、まだいけると思っていたのだが急に体が重くなり動かなくなった。膝を支えないと上がっていけない…こんなはずじゃ…。
残り三分の一はおじいちゃんのようになってゆっくり上るはめになってしまった。

体力を消耗し過ぎていた事もあるが坐骨神経痛もあったのでベストコンディションではなかった。それにしたってもっと上へ行けた気がする。

こんなヤワだったの?と愕然とした。

結局タイムは1分30秒…。

この時私は思った。

今年は30秒で上りきれるくらいになりたいと。
もっと頑張ろう…。

レトロラーメンの実力派!塩釜の来々軒

⚠昨年の夏の話です。

世間はお盆休みというやつか。

午前中の仕事を終えて次の現場へ移動するのだがちょうどお昼に差し掛かっていた。
しかし、今日もかなり強烈な熱波だ。
港町塩釜でもかなり暑い。

お昼を適当に済ませて…おおっ!?

途中に通りかかるとなかなか珍しい光景が目に飛び込んできた。
あの塩釜御三家の一角来々軒の前に行列が無い!?
コロナ禍の影響なのか!!

私はすかさずコインパーキングに車を滑り込ませて小走りで店に向かう。


ここに来たのは久しぶりだ。
塩釜ラーメン御三家として有名店でいつも行列が出来ていて足が遠くなっていました。

マスク着用は必須のようです。
店に入るなりアルコール除菌をして1人用のテーブルへと通されました。

オーダーしたのは中華そば大盛り。

注文して安心したので店内を見回す。
シンプルなメニュー構成である。客も満席とは行かず数人のみ。
超人気店でもこの有様か。
コロナ早く終息してくれ…。

すると突然
『マスクして下さい!!』
とおばちゃんの声が。
どうやら客がマスクを外して会話をしていたらしい。

結構厳しいな。
まぁ、店内の換気も満足に出来ないから仕方ないといえば仕方ない。

とりあえず喉を潤そうと水を飲んだら
ぬるっ!?(×_×;)

常温の水で不味かった。

せめてキンキンに冷えた水であってほしかった…!!
確か冷水機から水を出していたはずなのに…このぬるさはなんだろう??
お代わりするにもまたぬるい水ではたまったものでは無い。
もう水は諦めよう…水が不味い店はラーメンもダメなんだよなぁ…。

んで、ラーメンが到着!

ビジュアルはシンプルです。いかにも中華そば!

スープを一口…ズズ~…

うん、美味しい。
油が少なくあっさりしてますね。
しっかり出汁が効いてて芯のあるスープ。

麺は…


細ストレート麺。
こういうスープなら黄色い縮れ麺の方が好みなのだが、どれ。

₺‹”₺‹”(‘~’)ŧ‹”ŧ‹”

なるほど美味しい!
細いながらも歯応えがあっていいね。

まさに王道の中華そばって感じです。
さすがは塩釜御三家の一角を担っていたラーメンですね。

今は金富士が無くなって御三家とは言わなくなったけれど、その味は今でも守られているんですねぇ。
あっという間に完食して店を出ました。

ふう、明日はお休みなので今夜はゆっくり出来そうだ。

ただ水がぬるいのは許せなかったな…。

ご馳走様!また来ようっと!

塩釜の老舗ラーメン屋『竹屋』

⚠過去の記事になります。

この日も仕事を終えて帰路についていた。

やけに道路が渋滞している。

「このままじゃ帰りが遅くなるなぁ…」

途中でコンビニによって夕食を買うかとも思ったがせっかく塩釜に来たのだしラーメンで済ますか。

塩釜にはかつてラーメン御三家というのが存在していた。

『来々軒』
『金富士』
『更科』
の三店舗を御三家と呼び人気を集めていたのだが残念ながら金富士は閉店。ラーメン御三家とは聞かなくなって久しい。

来々軒と更科は現在でも営業中だが時間的に既に閉まっている。

そういうわけで選んだのが塩釜の隠れ名店の
『竹屋』さんである。

寂れた雑居ビルにあり、なんとも昭和レトロな雰囲気を醸し出しているのだ。

ここのラーメンは本当に美味い。唯一無二の味と言っても過言では無い。

相変わらず親父さんと息子さんは元気だ。違う意味で元気だ。
初見の客は驚き不快な気持ちになるかもしれないがもはやこの店の独特の雰囲気と言ってもいいだろう。
仲がいいのか悪いのかいつも息子さんが親父さんにどやされている。

親子の軋轢とはあるがなかなかお互い譲れないこともあるものだ。

着丼したラーメンはまさに中華そばといった風情だ。

スープはとても透明。
香りも良い。
麺は細麺だがきちんとスープを絡ませてくる。


チャーシューは筋張った固い肉。だがこれが昔の中華そばって感じがしていい。

店内は狭く他の客が来るとあっという間に満席になってしまう。こういう場所は長居する必要は無い。

ノスタルジックな味わいに思いを馳せ、スープまで飲み干し完食。

なんか毎日食べても飽きないラーメンだな。

昔から食べているが本当にこのお店のラーメンは美味い。

親子仲良く(?)末永く営業してほしいものだ。