カテゴリー: 交通事故

【日常】腰痛はツラいぜよ!

今日は昨日の振り替え労働だった。昨日は休みで美味しいラーメン食べたり女川でノスタルジックに浸っていたのに今日は情け容赦無い労働である。なんという悲しい宿命(さだめ)なのか…。

朝から天候が優れず激しい腰痛で目が覚めた。起き上がるのが大変だ…お、ぐぐ…手すりが欲しいぜよ…。やっとこ起き上がり背伸びをすると激痛が走りビクンと背中が波打つ。

こ、交通事故前はこんなことは無かったのに…なんでこんな目に遭わねばならんのか…ガンガン鍛えていた頃は自分の体に自信があった。多少の怪我は我慢できると思っていたが…それは幻想だった。いくら鍛えていても自動車の衝撃に人体が耐えられるわけないのだ。

もう3ヶ月も過ぎてるのにまだこんなに痛いなんて信じられない…。ぶつかってきた加害者は既に過去の事になり何不自由ない生活を送っているに違いない。突撃されて怪我した身としては悔しいものだ。だがそれ以上憎悪を膨らませたところで損するだけなので今は全力で怪我を治すことに専念した方が良い。

もう3ヶ月過ぎた…治療打ち切られるのかなぁ…。受傷から3ヶ月は病院の先生からは痛み止めと鎮痛剤の処方だけでリハビリ等は一切やってないのだ。噂聞けば…一切そういう治療行為をやらない病院らしい…!最初から失敗してるじゃないか…orz

交通事故の怪我で治療する場合は病院の通院日数×自賠責の保険金らしいね。

今は1ヶ月分痛み止めドチャツと貰って終わり…この時点で完全に放置だ。最低でも2週間に1回は容態を確認する必要があるのではないかと思うのだが??

こういった病院側の対応にも不満がある。結局交通事故で怪我をすると誰も味方がいないのだ。孤独に痛みに耐える日々が続く。

はっきり言えば交通事故の怪我なんて誰も痛みがわからない。怪我した本人でさえ言葉にして説明するのが難しいのだから仕方がない。

今にして思うことというか交通事故の被害者となった自分から言えることは…

その場は痛くなくともとりあえず痛いと言っておけ!!必ず数日後に痛くなる!!これは間違いない!!当日は痛くないのである!!嘘のようだがこれは本当の話である!!

最初は有り得ないと思っていたのですよ。怪我してないと思って油断してると翌日以降猛烈な痛みに襲われます。本当です。

そして交通事故の被害者になったら大小問わず弁護士に全て丸投げした方がいいです。仕事中だろうがなんだろうが保険屋とのやり取りにかなり時間が取られます。しかも自分で対応しても話になりません!相手保険屋は何とかして過失割合を減らそうとしてきます。

それが一方的に向こうから突っ込んで来たとしてもです。ドラレコの映像があっても有り得ない言い訳をしてきて絶対に非を認めません!!それこそYouTubeなどにアップして世論の後押しがなければ難しい話です。

貰い事故なんて絶対に貰ってはいけません。たとえ相手の過失が10だとしても絶対に被害者は損します。

私から言えることは弁護士特約は絶対に付けておいた方が安心です!!

 

【交通事故】痛みを伝えること

悪夢の交通事故から3ヶ月半が過ぎまして、そろそろ治療打ち切りの話が出てくるのではないかと戦々恐々です。そもそもまだ治ってない。

今日は病院への通院日でした。整骨院には通っているものの月に一度は診察してもらわねばなりません。

まず、事故で受傷してから治療らしいことは何一つしてくれません。リハビリも無しでたった5分の診察(問診のみ)で痛み止めと鎮痛剤を貰って終わりです。3ヶ月それで放置されてました。

ええ?これで治るわけ?大したことないんだなぁ…と思ってたら整骨院に行ったら『実は結構重傷だったんじゃ…』というくらい酷い状況でした。

そりゃあ、3ヶ月歩くのもやっとで走ることすら出来ないし車にも30分乗ってたら限界なわけですよ。痛み止め飲まなきゃ寝れない程の腰痛に耐えてます。

それで問診でどこがどう痛いのか伝えるのですが語彙力がないせいでなかなか具体的に伝わらない。

タイミングが悪く前日は労働で腰を痛めて(事故で受傷部分)歩くのも大変だった。

私「昨夜の仕事がきつくて腰が痛いです…」

先生「それは仕事であって事故の怪我ではないね」

私「は?(怪我した所が痛いのだが…)」

先生「他に痛いところはないかね?」

私「最近歩くと股関節が痛みます…」

先生「それは事故直後の怪我じゃないからわかんない」

私「え?そうなんですか?」

先生「経験上事故の怪我は3日くらいに出てくるからね。今更出てくるわけない」

(事故の怪我によって引き起こされた痛みだと思うのだけど…)

それで追い出される感じで診察終わりです。また1ヶ月分の痛み止めと鎮痛剤をドチャッと貰って終わりです。痛み止め食って鎮痛剤に浸かって生活をしろってか。

更には病院内にある薬局で薬が出るまで30分も待たされました…。完全に忘れられてて放置されたのですよ。病院の硬い椅子に30分も座って待っていたものだから腰が痛くてたまらんかった。

とりあえずは整骨院の先生に自宅でできるセルフケアを教わったのでそれを実践しつつ回復に努めようと思います…。

早く治って僅かながらの示談金貰って悪縁断ち切りたいです…この痛みともね…!

交通事故から3ヶ月過ぎた…

あの忌々しい交通事故から3ヶ月過ぎた。まだ怪我は治らない…いや、治るのこれ?

初動からしくじったかもしれない。まず病院ではレントゲンしか撮影しなかった。本当ならMRIなど撮影するのだがレントゲンだけだった。骨には異常が見当たらないから捻挫だろうという診断。

すぐに治るものだと痛み止めと鎮痛剤だけで1ヶ月…まだ痛い…。これはなんだ?

また病院に行くも再び痛み止めと鎮痛剤。それも今度は1ヶ月分!!更に1ヶ月痛み止めと鎮痛剤を使用し続けた。そして、事故から2ヶ月半過ぎた頃から整骨院に通うことにした。

保険屋は整骨院に通うことを良しとしない。余計な費用がかかるからだ。でも被害者としては一日でも早く完治を目指したいわけで整骨院に通うしかない。はっきり言って病院は適当過ぎる。

交通事故被害者を多く診てきた先生は私の状態を診て驚いていた。

「えー!こんなになるまで放置されてたんですか!?」

なんでも炎症状態のまま筋肉が硬直してしまってるらしい。しかも受傷当時なら入院していてもおかしくない程の怪我だった可能性が高いらしい。私は軽傷だと思っていたがかなりの重傷だったらしい。

てっきり重傷と言うと骨が折れたり筋肉が断裂したりと思いがちで筋肉の捻挫なんて筋肉痛みたいものだと思っていたのだ。

これは明らかに私の判断ミスというか自覚が足りなかったのだ。しかも怪我をしていたのは腰だけだと思っていたのだが実は背中や肩も相当痛めていた。

案外人間の体は自覚出来ない程に損傷すると逆に痛みを感じなくなるのか?

だが保険屋からは該当する場所以外の治療はするな!と圧力がかかっているとかで治療が思うように進まないのが現状です。

整骨院の先生によると完治を目指すなら2年はかかるかも…いや、下手すると一生とか…など絶望的な話もされまして…一生この痛みと付き合っていかなきゃならないの!?という絶望…。寝ても覚めても腰痛だよ。この3ヶ月で食欲も落ちて痩せてしまい筋力も低下している。それがさらに一生続くならいっその事…なんて考えてしまう。

もう3ヶ月過ぎたから治療も打ち切られるかもしれない…今はそういう不安と戦っている。

交通事故は貰っても大損です。治療は打ち切られて早くも示談金交渉となりますが経過はまたお話しましょう。

【事故報告】とりあえず解決した。

先月5月17日にプリウスが突っ込んできて私の車は大破して私自身は『腰椎捻挫』という怪我を負いました。

事故が起きた日は何ともなかったのですが次の日の午後から痛みだし2日後には眠れない程に痛くなった。

これが俗に言われる

ヒーローは遅れてやってくる!

いやいや、事故直後は興奮状態でアドレナリンが出てたり事故の対応だったりで脳みそが痛みの認知まで手が回らないそうです。てかそのまま認知しなくてもいいんじゃないかと思いましたが、結局痛みって脳みそが作ってる幻想なのではないかと思いました。

それで交差点内の事故というわけで過失割合が5:5という理不尽な感じになりました。これはドラレコなどの客観的に見れる材料が無かったのが敗因です。

ドラレコがあれば最初から揉め事は起きなかったのではないかと。

過失割合は結局

過失割合は私が3、相手が7で落ち着きました。何とも納得は出来ないのですが過失を認めなかった相手が譲歩したのとこれ以上長引かせたくないという私の生来の面倒くささがありまして忖度した感じです。

車は20年落ちで資産価値も無いのですが5万円貰って終わりです。あとは私が相手側の保険で腰の治療を進めるに落ち着きました。

腰は腰椎捻挫というもので所謂『ギックリ腰』なのですが予想していたよりも痛い上に長引きそうです。

これの辛い所は『人に痛みが伝わらないこと』です。

骨折とかならレントゲン写真でわかりますし、内出血などしてれば客観的にも痛いのが伝わります。しかし、腰椎捻挫は何にも映らなくて自分だけが痛いので共有出来ないのです。本当なら歩くのもやっとなんですが仕事を休ませてもらえるわけでもなく毎日無理しながら働くわけで…すぐに治るものも治らないわけで…本当に辛いです。

貰うのは好きなんですが事故だけは貰ってはいけません!

今回の事故でわかったことは…

相手に過失が10でも最初から弁護士を立てるべき!

事故直後は過失を認めてても一夜明けると一転します。やはり頭の中で情報が整理されてくると少しでも保身に走るのが人間です。

そして時間、状況関係なく保険屋とのやり取りが非常に大変です。わからないこともありますし、後から上手く立ち回れる方法があったのではないか?と思うこともあり最初から弁護士さんに丸投げした方が安心かもしれません…。

例えどこも痛くなくともとりあえず翌日には病院に行っておきましょう!(場合による)

車の破損状況から見てもどこも痛くない!俺ってスゲー!!は幻想です。一夜明けると猛烈に体が傷んできます。

どこも痛くないと警察は物損で処理してあとから人身に切り替えるのを渋る傾向があるようです。尚且つ物損から人身に切り替えるには加害者と一緒に警察署に行ったり医師から診断書を手に入れたりしなければなりません。診断書は5000円くらいかかる上に医師によってはとても時間がかかるので後から超絶面倒になりますね。

とりあえず痛くなくとも翌日には病院に行き診察を受けた方がいいです。

そういうわけで事故の件はこれで終わりになります。心理的なトラウマとして対向車が来る度に『突っ込んでくるのではないか…?』とビクビクするようになりました。

しかし、あの速度差と僅かにフロントが逃げたおかげで正面衝突を避けることが出来て軽傷で済みました。

アルト…ありがとうございました!!

【事故報告】痛みは後からやってくる

冗談みたいな嘘のような話

『交通事故の痛みは後から来るぞ!』とはよく聞いていた。でも自分の身に起こるまではまるで信じてなかったのだ。

「まさか自分がwww痛いのは直ぐにわかるべ!」と思っていたが昨年暮れに社用車で凍結路面で滑り単独事故に巻き込まれた。私は助手席に乗っていたのだが運転手と違いハンドルのような掴めるものが無い。衝突の衝撃で眼鏡は吹き飛び上半身は激しく振られ全身がゴムのように震えた。

特にシートベルトの衝撃は凄まじく右の乳首だけが黒く内出血して大きくなっていた。左右で色が違うオッドアイならぬオッドチクビ…。

事故から数日経ってから背中の痛みが始まった。ちょうど正月休みだったので正月は寝て過ごした…。せっかくの連休をベットの上で過ごしたのだ。

その背中の痛みが良くなってくると腰に異変が現れた。何やら足が痺れるというか痛い!左足が上がらなくて痛いのだ。電気が走るように痛み尋常ではない。病院に行くと『坐骨神経痛』だった。これは事故から数ヶ月経ってからの話だ。事故の因果関係は微妙な感じだったが骨盤に強い衝撃を受けたのはあれだけだ。

悪夢再び

半年間坐骨神経痛に悩まされた。とにかく痛み止めを飲み続ける毎日。半年後にようやく痛みを気にしなくなってきた辺りで休んでいたワークアウトを開始して弛んだ体を引き締めていった。とにかく走りまくった。風のように走れる…わけもなくダラダラと走っても息が上がってしまうくらいに衰えていた。

少し頑張ってオンラインマラソンに出場しようと意気揚々とトレーニングに励んでいた所に悪夢の交通事故である。

プリウスミサイルで撃墜されたのだ…。

この事故の直後は全く痛くなかった。本当に痛くなかったのだ。それよりも大切な車を破壊されたことに頭に血が上っていたのだ。そしてはらわた煮えくり返る思いながらも冷静になろうと必死に怒りを堪えていたのだ。努めて理性的に振る舞うことにした。

まず警察に電話して…そのくだりは以前のブログのままです。

事故の翌日も痛くはなかった。それよりも怒りは収まらずイライラしていた。おまけに眠れてないから尚更だ。昨日のことを思い出しただけで奇声を発しながら砂浜を全力疾走したい気持ちだった。

とりあえず昼飯は安くて美味しいラーメンを食べた。食べたら気持ちが落ち着いてきた。そして現実を受け入れ始める…車が無い…最も愛した車がないのだ…。

すると…あれ?なんか歩きづらくない?腰が…というか足が思ったように動かない?

あれれ?てか腰も痛くない?あれ?痛いぞ…なんか遠くからジワジワと痛みが…。

夕方…。

「うーん…腰が…痛いお…」と尋常ではない痛み…まさかとは思うが痛みは遅れてやってくるってか!せっかく坐骨神経痛が良くなってきたのにまたかよっ!!

そして病院へ…

病院に行く前に保険屋に電話したらとりあえずは相手側の保険は使えないとの事。そうなんだ…正直に言うとまだ冷静さを取り戻していない。それどころか痛みを感じた時点で再び頭に血が上っていたのだ。

『相手から突っ込んできて向こうの保険使えないとは何事じゃァァァ!!』相手側の保険屋と直接交渉したるわっ!!と意気込んだものの

『私は致命的にディベートが苦手だった!』のでなんか上手いこと言いくるめられて自分の保険を使うことに…。おかげでスムーズに話は進んで自己負担はありませんでした。

まず受診することは出来ましたが…。先生は私に会うなり開口一番。

『事故の人は嫌いっ!!』と言われました…なんか書く書類が面倒くさいとかで…。そんなの知らんがなっ!!こっちは痛くてそれどころじゃねえんだよ!!と憤慨しながらも事故の状況や痛みの状態を説明する。さすがに医者も看護師も呆れるくらいの事故状況。

『酷い目にあったねぇ…これからも大変だと思うけど…』と夢も希望もないことを言う先生…。とりあえず骨にも異常はなく筋肉の捻挫だそうだ。筋肉って捻挫するんだ…とか思いながらも帰宅。あとは家でのんびりGTA5オンラインをプレイしてPK30連敗したあたりで思い出した。

『今月初休暇やん!!』

疲れるわけだ…。

【事故報告】事態は一変する

過失割合が5対5!?

さて、事故から2日が経過して保険屋同士の話し合いが進んでいるはずだ。事故直後はにいろいろと対応してくれた車屋さんの社長さんは『これは10対0でもおかしくない事故だよ』と言ってくれました。

どう考えてもこの走行ラインで曲がってきた相手車両側(赤のライン)に過失があると思う。何度も言うが仮に私が一時停止を無視して左折しても相手が右折しても左折右折車両が衝突するわけが無い。どちらかがはみ出るかお互いがはみ出ないとぶつかるわけがないのである。

だが事態は一変する!

保険屋の話によると相手は全く反省しておらず過失も認めないというのだ。つまりだよ、ぶつかってきておいて過失は相手(つまり私)にもあるというのだ。

は?

普通に歩道歩いてたら見知らぬ野郎にいきなり殴られても納得出来んの?って話。たまたま歩道歩いてる方が悪いの?って。

私は普通に一時停止して左右確認してから交差点に進入しました。もちろん右折車両があったとしても接触などしないと思うから普通に曲がったと思います。しかし、かなりの速度で交差点に進入してきて気付いたのは左折を開始してギアを1速から2速へチェンジする時です。当然アクセルオフでクラッチは切れてます。ブレーキは間に合いませんでしたが気持ち左側にハンドルをきって回避行動を取りました。

結局は保険屋の力関係!?

結局は保険屋の力関係なんでしょうか?

この事故で過失割合が5対5だとしたら到底安心して道路なんか走れませんよ。

直線道路に例えるならばお互いが車線をはみ出してセンターラインで正面衝突なら5対5でもいいと思います。でも私の場合は普通に車線を走っていたら相手がこっちの車線にはみ出してきて接触して後輪を吹っ飛ばしてしまったんです。これで5対5はないと思います。

契約しているのは安いネット自動車保険ですがこの過失割合が覆らないならば再契約はありえないですね。

これらの事故については第三者の意見を聞きたいところではあります。

この泥仕合はまだまだ続くと思います。とりあえず私は腰に違和感があるので病院へ行きます。結果次第では人身事故になるのかな?

【事故報告】浪漫号弐号機爆散!!

もらい事故でした!

アルトを整備に出してて車屋さんに取りに行きました。お金を払い「またよろしくお願いしまーす!」とお店を後にしたら店を出てすぐの交差点でプリウスと事故になりました…。

俗に言う『プリウスミサイル』を受けて撃墜されました。お店を出てから50秒後の出来事でした。

実際の事故現場です。青のラインが私、赤のラインがプリウスです。私の方には一時停止があります。一時停止をして左右確認を行った後に発進して二速に入れようとしていた矢先に接触してきました。上の図でもわかる通り私はギリギリ左側に寄って回避しようと思いました。この時点でアクセルはオフでブレーキまでには届きませんでしたがほぼ停止状態でした。衝撃によって車は少し右向きに移動しましたが…。

結構な速度でショートカット気味に内回りで右折してきたものですから速度も相当出ていたと思います。その衝撃は凄まじく車体が激しく左右に揺れましてエンジンは即停止し再始動は出来ませんでした。サイドブレーキも操作不可。何故かワイパーブレードだけが動きました。ハザードを焚いて車を降ります。

相手車両はかなり遠くに停めてましたが、後ろの車がクラクションを鳴らして止めたようです。まさか逃走しようとしていたのだろうか?

私よりも後ろの車の人が降りてくるなり『今のはだいぶ内回りだったぞ!?』と私の代わりに怒ってました。私は茫然自失で最初の言葉は「マジかよ…」でした。

 

フロントバンパーを掠めて後部が抉られました。車軸が完全に脱落して走行不能です。

まず私が仮に一時停止を無視したとしても相手側が通常のラインで走行すれば右折車両と左折車両が接触するはずはありませ。私が外側に膨らんだとしたら後輪が外れるくらい衝突することはないと思いますし前方に損傷を受けることになると思います。

緊急通報しました

とりあえず先に110番して警察を呼びます。まずここで最初の躓きました。私はてっきりスマホのGPSで場所を即座に特定してすぐに向かってくれるものだと思ってました。

まずは現在地の説明からでした。初めての場所だと詰んでしまうような気がします。かれこれ10分は話したでしょうか…。通報から15分くらいで警察が到着。その間に保険屋に連絡してレッカーの手配まで済ませました。

が!また問題発生しました。レッカーの到着がかなり遅い!手配から約1時間待ち…1時間も交差点を封鎖して警察も手信号誘導するのも大変な話。近くには先程お世話になった車屋さんがあるので社長に連絡したらすぐに来てくれました。状況を確認して近くのレッカー屋を呼んでくれました。これで30分短縮されました…。お金はかかるでしょうが…

私は相手の保険屋と話をしたり実況見分に立ち会ったりととても忙しい…頭がまだ混乱してるのに入ってくる情報があまりにも多過ぎて次々に聞いた話を忘れていきます。

事故が起きた場合にしなければならないのは

1.まずは110番通報し警察を呼ぶ。

2.保険屋に連絡してレッカーの手配。

3.相手の個人情報を入手。名前、住所、電話番号、契約している保険屋、車の車種、ナンバーを控えます。

4.警察が到着したら状況を説明。(ドラレコがあれば話は早いです)

という大まかな流れですがいざ事故が起きると何を先にしなければならないのか分からなくなります。

その後…

食欲無しで眠れませんでした。

そして事故直後の会話など一時的な健忘症なのか忘れてしまい、おまけにしたであろう会話がごちゃ混ぜになってました。

頭もぼんやりして激しい耳鳴りと若干の吐き気で気持ち悪く、そして恐ろしく髪の毛が抜けました。本当に一日でこんなに抜けるの!?と思う程の脱毛量…。まんじりともせず朝まで横になり保険屋さんとのやり取りをしましたが聞いた話は上の空で担当者は誰だっけ?とすぐに忘れてしまう始末…。

そして午後から気持ちが落ち着いてきたのか昨日のことを思い出してきました。

体のこと

午後から意識がはっきりとしてくるに従ってなんか腰が痛くなってきた。その痛みは徐々に強くなっていきちょっと冗談抜きにしてキツくなってきた。

え?痛みは遅れてやってくるってやつ?と本人も驚いてます。これはさすがに長引くといけないと思い病院で検査を受けることにしようと思いました。報告出来るのはここまでです。

いろいろ改造して作り上げた稀少な4ドアワークス…見た目よりも中身にお金かけてます。中には吸音材や制振材をふんだんに使いフルデッドニングしているんです。軽自動車とは思えない程の圧倒的静粛性を手に入れたのです。それは試行錯誤を繰り返し研究を重ねて作り出した絶妙なバランスをもってなし得た静音の究極の形でした。

雨が降っててもドアを閉めればフロントガラスに雨が当たる音しか聞こえない。水切り音は皆無で雨の中でも乾燥路面を走るのと大差ない静粛性でした。

かけた費用と時間は相当です。だからこそ愛着があり気に入って8年間維持してまいりました。そしてなかなか手に入らないメッキガーニッシュを取り入れ軽量なバンのリアハッチを入れることで若干の軽量化を施し完全に唯一無二の車として作り上げてきたのに…

せめて最後は車検切れまで乗って綺麗な形で引退させてあげたかったです。

8年間全く故障無く走ってくれて良い思い出しかない車です。走るのが楽しくて私に翼を与えてくれたんです。

行きたいところに連れて行ってくれる大切な相棒…さようなら。

人生で一番好きな車でした…(´;ω;`)

納得できない!

完全な貰い事故です。それで保険を使うと3等級下がるという説明を受けて納得出来ないと思います。衝突したシチュエーションを考えれば小学生でも理解できると思いますが左折車と右折車がどうやって接触できるのかという話ですよ。左折車両が悪ければ前方か左側に損傷を受ける形になると思います。

今回のケースでは左側限界まで回避行動を取りました。尚且つ急停止しましたが回避しきれずに接触しました。

もっと左側に避けていれば避けれたかもしれませんが歩道に進入する形になるのと縁石があって無理だったと思います。なので回避する方法は不可能だったと思います。唯一回避する方法は数秒でも早くか遅くにその事故地点に到達するのをズラすことですが未来予知の能力がないと無理でしょう。

不幸中の幸いとして私が軽自動車で車幅が無かったので横を擦るような接触で助かりましたが普通車の車幅だったら正面衝突かオフセット衝突でとんでもない怪我を負っていた可能性があるということです。

納得出来ないので過失割合は10対0を目指しますよ。こんなに痛い思いして人生で大切な車を失ったんですから。

しかも相手は今年2度目の事故を起こしてます。1度目は居眠り運転だそうです。ここで少し相手にも痛い思いしてもらわないと相手のためにもなりません!

そこのところは逐一報告したいと思います。それではまた!