タグ: MMD

3.テトテト散歩~塩竈散策編

~前回のあらすじ~

マグロ丼を食べたくて塩竈にやってきたが回想に耽りなかなかマグロ丼にありつけない。いよいよもって本格的にマグロ丼を捜索に歩き始めたのだった。


テト「マグロ丼あったお!!」

「って早い!!まだ散策も何もしてないのに…」

価格を見るとひじょ~に安い!!てっきり2500円はするものだと思っていた。牛丼よりもちょっと値が張るくらいだがこのくらいなら本当に安い。

しかし…一応タイトルに散策編と銘打ってるのでこんなに早く見つかるとは想定していなかった。なんというか…撮れ高的にどうなのかなっていう。

テト「お昼なのに全然混雑してないお!食べるなら今のうちだお」

「う~ん…でもこれって安過ぎないかな?マグロ丼ってもっと高いイメージがあるんだけど…」

テト「君って本当に優柔不断というかボクはここがピンと来たお!」

「とか言いながら暑い中歩きたくないって顔してるけど…」

テト「そ、そんなことないお!早く食べるお!」

というわけで我々はここ

『塩竈まぐろ直売、食堂』さんにお邪魔しました。

店に入るとテーブル席は満席でカウンターに通された。店内はそんなに広くはない。中では物販もやっていてスーパーじゃ考えられないくらいの量がとても安く販売されている。

迷わず注文したのは『仲買丼大盛り』である。マグロのすき身と刺身、イクラが乗ってるお得な丼。楽しみだ。

注文してから3分も待たない内に着丼。早い!!

おお!!価格に見合わない量と彩り!!大量のワサビがいいね。

テト「びっくりだお!すごくボリューミーだお!」

結構刺身も大きく厚みもある。イクラがキラキラ輝いててちょっとお洒落な感じで映える。そしてマグロを一口…

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹” ŧ‹”

美味しい!豊かな旨味が口の中に広がる!さすがマグロの町塩竈だ!こんなに美味しいマグロ丼が1000円ちょいで食べられるなんて感動ものじゃないか!

お吸い物はマグロのつみれが入ったシンプルなものだ。どれどれ…うむむ!

なんという香りと濃厚な味わいなんだろう!?私の語彙力では上手く表現出来ないが一言で言えば…美味い!!

なんか1000円ちょいでこんなにいい思いして贅沢な気がする…。

あっという間に完食し店を出た。

テト「美味しかったお~!」

「いや、本当に美味しかったねぇ。こんなファーストフード感覚でマグロ丼を食べることが出来るんだねぇ。さすが塩竈だよ!」

テト「駅から徒歩2分だなんて近いお!」

「そうだねぇ…なんか波乱万丈な旅になると思いきやあっという間に目的を完遂してしまって…撮れ高が…」

テト「じゃあその辺歩くお」

テト「酒蔵があるお」

「うん、これは佐浦の酒蔵だねぇ。浦霞っていう酒はとても有名だよ。まぁ、私は飲めないので味の批評はしづらいけど…塩竈に来たらマグロの刺身をあてにして浦霞を味わうのが至高かな」

テト「ほう、じゃあマグロ丼を食べながら飲んだらよかったじゃないか」

「それだと飲酒運転になっちゃうでしょ!飲酒運転ダメ!絶対!」

テト「冗談だお。それにしてもここまで来ると港町って雰囲気じゃないお」

「そうだねぇ…昔はこの辺も栄えてたんだけど今じゃ見る影もないな…。でもこの辺にはお洒落な喫茶店があったり…新しいジェラート屋さんも出来たんだよ。あまり知られてはいないけど足を運んでみれば面白い発見があるよ」

テト「ふーん。お、なんかいい感じのお店があるお!」

「本当だ。こんなお店あったのかなぁ…全然気付かなかったよ」

テト「見慣れた町でもゆっくり散歩していくと新しい発見があるんだお」

「いやぁ、本当にそうだねぇ。車を使って早く移動するとあっという間に通り過ぎちゃって見落としたりするからねぇ。たまにこうやって周りの景色を見ながら歩くのも悪くはないな」

テト「そうだお!だから~少し寄ってこ♪」

差し出されたテトの手を見る。テトは本当に可愛い。直接は言わないけど、本当に可愛い。

塩竈はとても面白い所だ。もっと散歩したいな。

 

終わり


-クレジット-

重音テト…ベ・ルル三錠様

アニメ調シェーダー…KAYA様


あとがき

いやぁ、全3話という短い散歩いかがでしたか?

写真点数も少なくて時間も無くて(笑)なんとかツギハギして作りました。震災の話は蛇足感は否めませんが…もっともっとテトの写真を撮影したかったのですが、暑さと過労で早々とノックダウンしてしまいました。

マグロ丼は本当に美味しかったです。ファーストフード感覚で手頃な値段でマグロ丼を味わえるのは塩竈ならではの体験でした。

さて、過去にもたくさん散歩してるんですがまだまだ編集が追いつかずお蔵入りになってます。早く引き出して公開にこぎ着けたいのですが長時間労働に蝕まれているので編集には膨大な時間を要します。気長に待っていただければ幸いでございます。

それではまた!!

1.テトテト散歩~塩竈散策編

2021年。夏。

「あぢ~…」

外はすでに梅雨が明け初夏を過ぎて猛烈な熱波が襲っていた。待ってましたと言わんばかりに蝉が一斉に鳴き始め両耳の鼓膜をひたすら震わせていた。

私は暑さに項垂れていた。楽しいはずの休日もこうして何もせずに過ぎていくのは寂しいものだ。だが普段からの重労働によって疲労困憊な体を労うためにもぼんやりする時間も必要だろうとポジティブに捉えていた。

まだ半分目が覚めてない体を奮い立たせてベッドから起き上がる。リビングに行くとテトがいた。

テト「年明けまで寝ているつもりだったのかお?」

「いやぁ…さすがにこう暑くちゃ何にもしたくないよ…今にも溶けてしまいそうだよ」

テナ「なんにもしないことも立派な休日ですよね」

重音テナはテトの双子の姉。たまにテトに会いに来ている。普段は戦場で医師として働いている。

「おお、テナさんは理解あるなぁ。そうだよ。休日だから遊ばなくてはならないということはないのだ。なんにもしないことも仕事の一つなのだ!」

テト「ほう~、だからって昼まで寝てることもないだろう」

「昼?」

ググ~…。

うむ、なんにもしなくとも腹が減ったぞ…なんか美味しいものを食べたいなぁ…。ふむ。

ふと思い出したのだが美味しいマグロ丼を食べたいと思った。最近はコンビニのおにぎりやカップ麺ばかりとかなり荒んだ食生活を送っていた。たまには新鮮な海産物を食べたいと思ったのだ。

思い立ったら吉日そそくさと準備をし意気揚々とハンドルを握り向かったのは宮城県塩竈市だ。塩釜と表記されることが多いが塩竈と書くし鹽竈とも書くらしい。いずれにしても難しい漢字だな。最近は『鬼滅の刃』で一瞬盛り上がったようだ。

さて、天候はまさにピーカンな空…日影がない…。気温もギュンギュン上がっている。

駅裏にはすぐにイオンタウンがある。こりゃあ一旦中に入って涼んでからにするかなぁ…私の車はエアコンが壊れているんだ。

??「よう!待っていたぞ!」

「なっ!?」

「テ、テトさん!?どうしてここに!?」

テト「君がなにやら企んでるようだから車の後ろに乗り込んでいたお」

「相変わらず行動が素早いなぁ…で?私はマグロ丼を食べに来たのだが…」

テト「もちろん君のおごりだろ?ボクがここまでついてきてあげたんだ。当然じゃないか、!君は天性の方向音痴だからな!ボクがいなきゃ家に帰れないだろ?」

「まぁ、やっぱりな…それでマグロ丼の店のリサーチを全くしてこなかったんだけど…」

テト「スマホで検索すればすぐに出てくるだろ?大体君はいつも何も考えないで飛び出すから現地で迷子になるんだお!」

「それじゃつまらないよ。ここまで来たんだからゆっくり散策して探すことにするよ。それに塩竈ならどこでも美味しいマグロが食べられるんじゃないかな?」

魚市場が近くにある港町塩竈ならではのものだ。

テト「それもそうだな…ボク達の旅はいつもこんな感じだお!」

こうして我々はマグロ丼を探す小さな旅を始めたのだった。

___________________________________________

-クレジット-

重音テト、重音テナ…ベ・ルル三錠様

アニメ調シェーダー…KAYA様