タグ: カップ麺

【 カップ麺 】マルちゃんカップ焼きそば『 ごつ盛り 』と金麦ラガー

ごつ盛りとビールはごちそうだった日常。

世界は名も知らない多くの人たちの仕事で回っている。

そりゃ、世界を騒がせている某独裁者もいればネットだけで有名な人もいる。

誰もが知るアーティストもいるし、プロ野球選手だっている。

でも世界はそういう大きな人たちではなく小さな人たちの仕事で回っているのだ。

私もまた小さな人たちの一人だ。

その日は雨だった。

もう冬の足音が聞こえてくる。

暑い暑いと喚いていた夏は遠い過去のようだ。

部屋の室温がマイナス5度になり、あまりの寒さに体を震わせ、生まれたての子鹿のようになりながら着替えを済ませる。

そしていつものように渋滞路を車で走らせ職場に向かう。

何十年も変わらない生活だ。

賃金も変わらない。

運悪く就職氷河期世代に生まれてしまったものだから運がなかったといえばそれまでだ。

だがこの世界は気に入っている。

クソッタレでろくでもない世界だが、とりあえず少しだけのお金があれば、それなりにおいしいものを食べることができて贅沢もできる。

ささやかなものだが、それを糧に仕事に打ち込むことができるのだ。

悪天候が重なり、雨に打たれ、暴風に枯れ髪を乱し、とめどなく流れ落ちてくる鼻水を舐めながら労働を終える帰路につく。

背中を丸め、特に思い出す必要もない一日で振り返ることなく、ただ疲労感にため息を吐いて眼鏡を曇らせた。

家に到着すると猫が甘えてくる。

少なくともこのろくでもない世界で私のことを慕ってくれるのはこの猫だけだ。

コロコロと喉を鳴らし足にまとわりついてくるが、餌を与えてしまえばもう他人のように素っ気なく自分のお気に入りの場所へと去っていく。

そして私も食事の時間。

帰る途中で立ち寄ったドラッグストアで買ったカップ焼きそば『ごつ盛り』と『金麦ラガー』をテーブルに置く。

お湯が沸くまでの間は少しの余暇が生まれる。

刻みゆく時計の秒針を眺め、その音だけを聴いていた。

やかんから湯気が立ち上ると蓋を開け、麺を持ち上げキャベツを下に潜り込ませた。

そしてお湯を注ぎ再び蓋をする。

3分間…ただ立ち尽くしその時を待つ。

その僅かな時間の隙間に少し考え事をする。

どうってことはない。

今日という日が終わっただけだ。

恋い焦がれたあの人はきっと誰かと幸せに暮らしているさと諦めてきた人生をふと思った。

3分間が経ち、湯切り口をピリピリと開け、昨日の使った食器が浸かったままの洗面器へとお湯を捨てる。

湯気で眼鏡が曇る。

雫がタツタツと滴る程度になったら激しく容器を振り、一応蓋を4本指を使った

『スーパーデコピン』

で、蓋の裏に付いたキャベツを落とす。

完全に湯を切り、蓋を全て剥がす。

添付されているソースを入れて箸でまんべんなくかき混ぜるのだ。

香ばしいソースの香りが鼻の中へ広がっていく。

そしてマヨネーズの袋を小さく切ると『マヨビーム』で綺麗に仕上げる。

くたびれたソファーに腰掛けてグラスにビールを注ぐとごきげんな夕食の完成だ。

キンキンに冷えているビールを一気に喉に流し込む。

[Amazon限定ブランド] 【新ジャンル/第3のビール】2ケースまとめ買い サントリー 金麦 ザ・ラガー [ 350ml×48本 ] SPBC

新品価格
¥6,730から
(2022/12/6 18:39時点)

くぅ〜〜〜〜〜〜ッッッ!!

効くぜぇぇぇぇ!!

これぞ庶民の暮らしよ。

ごつ盛りをかき込む。

ただうまい。

ひたすらうまい!

この油っこくてチープな味わいこそがごつ盛りらしさと言える。

あっという間に口の中が焼きそばの味になるので金麦ラガーを流し込む。

強い苦味が特徴的で発泡酒ながらビール同様のコクを味わえる。

焼きそばを食い

ビールで流す。

焼きそば

ビール

焼きそば

その繰り返しだ。

カップの隅に溜まったソースをまみれのキャベツをつまみ、完食!!

大きくため息を吐くとすぐに横になり天井を眺めた。

ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個

新品価格
¥1,451から
(2022/12/6 18:35時点)

明日も頑張ろう…。

満腹感から心地よい微睡みの中へ落ちていったのだった。

【 カップ麺 】ラーメン界の天才! らぁ麺 飯田商店 のカップ麺がセブンイレブンで発売!

セブンイレブンから発売の人気ラーメン店 らぁ麺 飯田商店 のカップ麺を食べてみました!

目次

らぁ麺 飯田商店 とは?

神奈川県の湯河原町にある超絶人気のラーメン屋さんになります。
来店には予約必須で『なかなか予約が取れない』ことでも有名です。
麺には国産小麦のハルユタカなど、スープには山水地鶏を使用するなど随所に佐野イズムを感じるラーメンを提供しています。

セブンプレミアムゴールドでの発売

あの超絶人気の飯田商店のカップ麺が発売されると聞いた時は『またか』という印象だった。

今まで縦カップの大きいものは食べたことがある。

らぁ麺 飯田商店
金ピカの装飾が目を引きます。

らぁ麺 飯田商店 というと店主の飯田将太氏はあのラーメンの鬼『 佐野 実 』氏を心の師匠と仰ぎ日々唯一無二の一杯のラーメンのために研究している。

ラーメン界の天才と言われる飯田氏だが私は残念ながら店舗で食べたことはないです…。

それどころか支那そばや本店でも食べたことがない。

なので比較するのも難しいのですが、こういうコラボカップ麺はお店の味を再現したものではなく雰囲気を味わうものだと認識しているのです。

つまり、入浴剤の旅の宿みたいなものですよ。

そういうわけで興味津々に買ってみたわけです。

カップ麺にしては超絶おっ高いものとなっております!!

まぁ、お店で食べるにしても最近は1600円に値上げしたそうでそれに比べれば安いものですね…。

調理開始

お湯を注いで5分です。待っている間に蓋のQRコードからYouTube動画を見ることができます。
こういうのは面白いですねぇ。
この再生数から商品開発に還元されるともっと新しい商品が生まれそうです。

蓋を開けるとねぎ、メンマ、チャーシューが入った『かやく』、液体スープ、調味油、海苔が入っています。

麺は至って普通に見えますが表面は少し滑らかに見えますねぇ。マルちゃんということで少し期待してしまいます。

マルちゃんって麺へのこだわりが半端ないのですよ。職人レベルで拘ってます。

お湯をグツグツ沸かしてカップに注ぎ5分待ちます♪

5分後、液体スープと調味油を入れて海苔を乗せて完成!!

ビジュアル

めっちゃ美味そう!今時海苔が入ってるのが嬉しいですねぇ。

らぁ麺 飯田商店

海苔の香りが食欲を刺激してくれますし、香りもまた良い。

チャーシューは定番の丸いサラミみたいなチャーシューです。伝統的なカップ麺のチャーシューです。

メンマもネギもその通りで特に書くこともない至って普通のもの。

スープ

さて、一口…。

らぁ麺 飯田商店 スープがとても美味しい

うむむ、これは…美味い!!鶏の旨味がギュウギュウに詰められたスープ。

海苔との相性もよくて飲むと本当にカップ麺のスープなのか?と思うくらいクオリティが高い!

無論、値段そのものが高いのだから不味いはずかないのだが…。

いや、それにしてもカップ麺のチープさは全く感じないしケミカルな感じもない。

それこそお店で丁寧に旨味を抽出したような味わいだ。これはカップじゃなくて立派な器に入れていたらカップ麺だとわからないんじゃない?

麺は箸でリフトアップすると強い弾力性を感じます。

らぁ麺 飯田商店 麺はモチモチの細麺

ここはさすがはマルちゃん!もう箸で掬い上げただけでわかる麺のクオリティ!

適度にスープを絡ませる細麺…ちょっとワクワクしながらお口へ放り込む!!

びっくりするくらいのモチモチ麺!完全にお店クオリティの麺!

そしてこのスープの味わいとの相性も良い。

これは具さえ本格的な物を揃えて立派な丼に入れて出されたらカップ麺だと気付かない自信ありますよ!

本気でカップ麺を作るとこうなるのか…と感嘆しましたよ。

まとめ

スープの最後の一滴まで飲み干しまして完食です。
これはなかなか美味しいカップ麺でしたね。

カップ麺で300円となるとかなりお高いのですが食べてみたら結構納得する味わいでした。

もちろんお店で食べたらこの非ではないほど美味しいのでしょうが、一週間頑張った自分へのご褒美クラスには喜ばれるプレミアムな味わいだと思います。

随所にカップ麺らしい部分は見受けられるもののせめて立派な丼を用意して本格的な雰囲気を味わうのも楽しみの一つかと。

気になったら手に取ってみてはいかがでしょうか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

【カップ麺活】支那そばやの醤油らぁ麺

ファミリーマートで発売となった支那そばや監修のカップ麺を買ってみた。

私は支那そばや石巻には足繁く通ってその味を堪能していますが、本店の味はさっぱりわからないです。

直系の弟子といえど弟子入りした時期によっては味が変わっているとは思いますし、材料も大きく変化していってると思います。

ラーメンって個性ですからねぇ。過去にも佐野実氏が生前に監修したカップ麺は出ていましたね。私は結構食べていた記憶があります。

パッケージにはしっかりと佐野実氏の写真が出てました。今の若い人は知らないのかもしれませんねぇ。ラーメン界のレジェンドですからね。

当時ラーメンは庶民の食べ物で新聞紙読みながらラーメン食って、食い終わった後は丼に煙草の吸殻入れられたものです。

その中でラーメンをハイエンドな食べ物に昇華させ、ラーメン職人の地位を高めたのは佐野実氏でした。

ラーメンに人生の全てを捧げた男。

後入れスープが蓋に添付されてます。これってお湯入れる時に取って下さいと書かれてるけど私は取ったことがないんだよね。

入れるのを忘れたりするからです!

中を開けるとこんな感じ。まぁ、特に…何も特筆すべき特徴はありませんね。

お湯をジョボジョボと投入します。

4分後…ほほう、なんか美味しそうな匂い。でもなんか嗅いだことある香りだ。チャルメラ?

麺はこんな感じ。無論、全粒粉入りではござらん。細麺ですな。

さて、味はというと…さっぱりした正統派な醤油味です。支那そばやの味か?と問われるとわかりませんね。

そもそも本店の味はわからないので…調味油がチャルメラって感じです。カップ麺としては塩分があまり強く感じないんですがスープを飲み干すのはちょっと躊躇ってしまいますね。

まぁ、そもそもカップ麺でお店の味を再現できるわけもないので雰囲気を楽しむためのものかな。こういう期間限定や有名店監修のカップ麺は面白いですね。

ついつい買ってしまいますね。

【カップ麺】支那そばや監修のカップ麺が発売されるぞ!

↓↓↓元記事

https://gourmet.watch.impress.co.jp/docs/news/1360244.html

あのラーメンの鬼、佐野実氏創業の支那そばやが監修したカップ麺がファミリーマートで発売されるそうです!

支那そばやファンとしては買わないといけませんね!

でも当たり前な話なんですが、実際店で食べるのとは全然違うんですよね。これは仕方がない話なんですが、完全に再現されたら店で食べるメリットがないですもんねぇ…。

過去にも支那そばや…というか佐野実監修のカップ麺はありました。私は何度も購入して食べたものです。

まぁ、正直な感想を言うと…それほどでもないかな?って感じでした。まぁ、当時はガチンコの『怖い佐野実』のイメージでしたのでややアンチな感情はあったのかもしれません。

カップ麺は限界があると思いますね。コスト的な問題もありますし、300円に達するとカップ麺である必要がないのではないかと。

もう店で食べろ!って感じですよね。

袋麺でもみずさわ屋さんのも全然味が違いますし、あくまで入浴剤の各地の名湯シリーズみたいなものなのかなと。

カップ麺はどれも美味しいのですが名店の監修シリーズはちょっと胸がときめきますね!