タグ: カフェ

【仙台カフェ】仙台にあるのに仙台市民が知らない喫茶店。純喫茶星港夜シンガポールナイトの運命。

仙台にあるのに仙台市民が知らない喫茶店。純喫茶 星港夜シンガポールナイトは年内で閉店です!

久しぶりに純喫茶星港夜シンガポールナイトに行くことにした。

マスターいわく、『仙台にあるのに仙台市民が知らない喫茶店』

実際に訪れるのは他県の人だったり仙台郊外からわざわざ訪れる。

店内はいつも静寂に包まれており、コロナ禍などまるで関係のない閑散としたものだ。

一時期Twitterでバズりトレンドにも上がるくらいだったがその波は一気に引けて一日の客は一人か二人という時もあるそうだ。

あんなにたくさん人が訪れたのに、あの人達はどこに行ってしまったのだろうか?

暗い住宅街の中に柔らかい光が灯されています。ここだけ異空間みたいな…。初見だと入りづらいかもしれませんね。

「おーっ!久しぶり!」

マスターが私を見るなり目を大きく見開き迎えてくれた。元気そうで安心した。

マスターも店を維持するために他で働き家賃を稼いでいる。本来なら喫茶店一本でやれれば理想なのだがこのご時世では厳しいものがあるだろう。

ましてや個人経営の喫茶店は苦境の時代だ。

珍しく先客が一組いた。

「メニュー見る?」とマスターが言うが私はいつもの

「運命とたい焼きで!」とオーダーした。

店の奥には三浦春馬さんの追悼コーナーがある。実はドラマのロケで訪れたことがあるのだ。

運命とたい焼き。

三味一鯛。

ホイップクリームとアイス大福、たい焼きです。

ホイップクリームの上には金平糖が乗っています。

アイス大福は雪見だいふくみたいな味です。

メインのたい焼きは熱々カリカリで中にはあんこがたっぷり。

これが意外にも珈琲に合うのですよ。

バッハ!!

なんか久しぶりなので上手くできませんでした…。

頭からガブリといきます。

『運命』と名のついた珈琲はブラックでいただきます。

これがとても美味しいのですよ。本当に美味しい…!

この一杯は実はラーメンよりも高いんです。でもその価値は十分にあります。

喫茶店の珈琲は豆の値段ではありません。空間も込みでの値段です。

一杯の珈琲を飲む空間と時間を買うのです。

外は霧雨が降っている。

微かに聞こえるピアノの音。

一組の客の静かな笑い声。

なんていい時間なのだろう…。

時には物思いに耽る時間を過ごす。

お店の中には過去に訪れた客が思い思いに書いた自由帳があります。それらを読んでみるのも一興です。

今までは深夜一時くらいまで営業しておりました。

そして基本的に年中無休で元旦にも営業している喫茶店でした。

時代と共に客は入れ代わり、かつて出入りしていた常連も見かけなくなり、それに合わせてお店の営業時間も縮小していきました。

現在は客の入り具合によっては20時で店を閉めてしまいます。

そして営業自体も週に何日かお休みすることもあります。

マスターとしては喫茶店一本で毎日店を開けておきたいのでしょうが、全く客がいない状況で店を開けていても光熱費だけがかかり赤字続きになってしまいます。

座席数も多くない小さな喫茶店なのでどうしてもメニューの単価を上げるくらいしかできません。

本当に苦しい状況だと思います。

マスターは仙台の純喫茶文化を守ろうとしている熱い漢です!

マスターは冗談好きでややクセの強い人ですが、とても良い人です。たまにとても疲れている時がありますが…。

仙台には個人経営の喫茶店は多々ありますが、そのどれもが経営的には苦しい状況です。

そして大手チェーン店に客が流れていくので個人経営の喫茶店はなかなか流動的な客を確保することが厳しくなっています。

それでもマスターは仙台から純喫茶を無くしてはいけないと奮闘しております。

仕事終わりに懐かしい雰囲気の中で珈琲を飲み過去に思いを馳せる。

或いは恋人や家族とゆったりと珈琲を飲むといった時間を大切にしたいという強い思いがあります。

しかし、時代が喫茶店にとっては逆風です。

光熱費、原材料費の高騰につきメニュー単価を上げなければならない。

しかし、客も給料が上がらない中で500円を超える珈琲を飲みに来るかというと厳しいと言わざるを得ない。

この喫茶店も時代の波に呑まれようとしているのだ。

私はマスターが体力の限界で引退を決めるまでやってほしいとは思うのだが、実際問題として客が来ないのなら続けていく気力や維持する経済力が続くわけない。

なんとなく私は嫌気が差していた。

なんでも節約、安さが正義、貯金しなきゃ駄目、投資するのが当然、副業をしなきゃならない…。

昭和の時代に比べれば遥かにいい時代であるにも関わらず、どうしてこんなにも閉塞感が強くて窮屈に感じるのだろう?

忙しなく朝から夜まで働いても賃金は上がらず、その他に副業までしなければならない。

あっという間に時間は流れ、気が付けば夏が終わり、夏の空も見上げる暇もないまま一年が終わってしまう。

本当にあっという間に人生が終わってしまう気がしてもったいなく感じるのだ。

たまにはこうしてゆっくり珈琲を飲む時間を誰もが満喫しても良いのではないかと思うのだ。

一度は訪れてみてほしい喫茶店。

今年の12月27日で閉店予定です。

しかし、お客さんが増えてくればマスターも考え直してもう少しだけ店を続けてくれるかもしれません。

できれば店を訪れてみて、TwitterやInstagramなどで拡散してほしいと思います。

まだこの良さを知らない人がまだいるのだと思います。

一度失われた文化は二度と戻りません。

無くなる前に…訪れてみてくださいませ。

おすすめメニューは

ミントココアスペシャル

仙台ティラミス

三味一鯛(たい焼き)

珈琲 ノクターン(薄い)、月の光(普通)、カノン(やや濃い)、運命(濃い)、無伴奏(特濃)

など。

   

純喫茶星港夜の店舗情報

住所:〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1丁目12−1

電話番号:022-222-2926

定休日:不定休(要電話確認)

営業時間:たぶん15時くらいから夜はその日による

駐車場:近隣のコインパーキング使用。20時以降は100円〜200円くらいで停められます。

注文方法:席に着席してから対面で。会計も席で行います。

↓ムービー

PVアクセスランキング にほんブログ村