カテゴリー: ガルパン

【ガルパン】ガールズ&パンツァー最終章第3話感想です!(ネタバレ含む)

発売日の前日に届いてました。

感想と大雑把に内容話しますが

ネタバレ含むのでまだ観てない方はブラウザバックでお戻りくださいませ。

第2話では知波単との戦いでした。突撃しか能がない知波単なはずが参謀福ちゃんの作戦(とりあえずなんにでも突撃を付けちゃえ作戦?)によって大洗女子学園を追い込む。
窪地に追い込み形勢逆転と思いきや勇気ある撤退によって仕切り直しに。

とにかく第2話ではスピード感が凄い。戦車での戦いがこんなに躍動感あるとは凄い。
ガルパンでは珍しい夜間でのジャングル戦となる今作では麻子の視力の良さが際立ちました。
そして奮闘したのがウサギさんチーム。全ての試合で撃破されているのだが確実に成長を感じ取れる。左右に砲塔を合わせ一気に2輌を砲撃した時は思わず「おぉ!?」と声をあげてしまった。
澤ちゃん凄いなぁ。次期隊長候補は間違いない。

知波単は執拗にあんこうチームを狙いなんとかIV号戦車を撃破する。勝利を確信した西隊長は万歳三唱していたがその時にIV号戦車がフラッグ車ではないことを思い出す。


「しまったー!心得違いだったーっ!!」
その背後から大洗のフラッグ車のヘッツァー(亀さんチーム)が突撃し西隊長が乗る九七式中戦車を撃破し大洗女子学園は辛くも勝利する。

その後、プラウダ高校対黒森峰の試合が展開されていく。どことなく大洗との決勝戦を彷彿とさせる布陣で戦うプラウダに対して制圧前進あるのみの西住流戦法で進めるが上手くいかない。

完全にカチューシャに戦法を読まれている。

集中砲火の指示(カチューシャの影絵ポーズが可愛い)で窮地に追い込まれるが黒森峰の隊長エリカは自分の戦車道を体現するために三号戦車へと乗り換える。

その機動力を生かした黒森峰らしからぬ戦法によってプラウダのフラッグ車を撃破して勝利を納め準決勝へと駒を進めた。

ここは珍しくエリカが感情を露にして喜ぶシーンが観られる。

一方サンダースは継続高校との試合に臨んでいた。とにかく前進を続けるサンダースに対して若干押され気味の継続高校。

フラッグ車のアリサはピンチに陥るがナオミの狙撃力によって窮地を脱し安定の強さを発揮する。このまま勝利するかと思いきや、遥か彼方からアリサのフラッグ車を撃ち抜いた者がいた。それに気付いたナオミは不穏な表情を浮かべるのだった。

今回は継続高校がダークホースのようだ。劇場版でも目を見張る活躍を見せてくれたが、まさかサンダースを撃破するとは思ってもみなかった。
でもサンダースってお金持ち高校と言うだけで特別強いってイメージはないよなぁ。

ナオミだけは別格に感じるけど、正直隊長のケイはそんなに指揮に優れているわけでもないと思う。フェアプレイに徹して勝つというよりは戦うのを楽しんでいる感じだ。

ドゥーチェアンチョビ率いるアンツィオ高校は強豪校聖グロリアーナとの試合。CV33の機動力を生かした試合展開だが聖グロの敵ではなかったようだ。これも大洗戦を彷彿とさせるような展開で敗北を喫するのだった。

作中においては聖グロは相当強いと思いますねぇ。何せ大洗に2連勝してますし…。

決勝はもしかすると聖グロと?いや、大洗が必ず勝つとも限らなくなってきた。

エリカが覚醒し黒森峰の伝統的な戦法を崩したことで聖グロは苦戦を強いられるかもしれない。
だが気になるのは島田愛里寿の動向だ。第2話ではまだ転入先が決まらないとボコワールドでみほと話をしていたが、もしかすると聖グロに転入する可能性もある。西住流が色濃い黒森峰に転入するとは考えづらい。

だが愛里寿が転入したからといって聖グロが更なる驚異になるとも思えない。劇場版では顔こそ出てないがセンチュリオンの操縦手、砲撃手、装填手が有能だったのではないだろうか?

あのチームまるごと引き抜いたら別だが…。

こうして準決勝は大洗女子学園対継続高校が決定した。

戦いの幕開けはいきなりあんこうチームが5輌を一気に撃破する無双状態。特に砲撃手の華さんは大活躍だ。一発で2輌を撃破する。

圧倒的大洗が優勢かと思いきや、あの曲者のミカが黙ってやられるわけがない。村に設置されていた雪だるまから戦車が現れると大洗は分散され瞬く間にピンチに陥る。
フラッグ車はアリクイさんチーム。その傍らにあんこうチームがいる。

「何かいる」
と麻子はその視力で遥か遠くにいる戦車を見つける。みほはその距離から偵察だと思った。その姿は視聴している私の目にも見えない。

その瞬間、砲撃音と共にIV号戦車が爆散した。

「えぇ…!?」
信じられないといったねこにャーの声と共に白旗が上がるIV号戦車が遠くへと離れていった。

あんこうチームを撃破した謎の狙撃手ヨーコは若干不服そうな顔をしていたが、もしかするとフラッグ車であるアリクイさんチームを狙ったのではないだろうか?それがたまたま射線上にいたあんこうチームに当たってしまった的な?

黒森峰戦で偶然アリクイさんチームがあんこうチームを守った的なセルフオマージュになっているのだろうか?

「魔女がいるんだよ、白い魔女がね」
ミカは喜ぶわけでもなくいつものように飄々とカンテレを弾くのだった。

ここで第3話は終了。

いや、まさかの序盤であんこうチームが撃破されるとは…。ここからは司令塔を失った状態で戦わねばならないわけだ。
確か撃破されれば通信も出来なかったはずだ。隊長である桃ちゃんははっきり言って頼りない。
そこで活躍をするのはウサギさんチームではないだろうか?

確かエルヴィンから薦められた映画を観ていた。
「戦車出てないよ~」
と不満を漏らすがあの映画になんかの鍵があるのではないだろうか?

第4話はたぶんだけど澤ちゃん大活躍するかもしれない!!

おもいっきり期待しちゃうけど…あと何年待てばいいのだ??

そしてあり得ない遠距離からの狙撃を得意とするヨーコをどうやって撃破するのか?

白い魔女…モデルはフィンランドの英雄、白い死神と呼ばれた狙撃手シモ・ヘイヘ。

ガルパンの面白い所はキャラクター設定でも史実を噛ませてくるので調べると様々な知識が手に入る。それが人生の役に立つかはわからないが、愚かな知識でも人生では大切なこともあるのさ。

とりあえずおじさん長生きするから早めに頼む! 前回のことを忘れてまた最初から観なければならないわけだ。

何周しても新たな発見があって面白いのだがね。

ガルパンってやつは!!

ちなみに私はガルパンおじさん歴が短いので記事中に間違いがあるかもしれないことを言っておく。

【旅日記】 茨城編第12話『朝食です!!』

大洗磯前神社の階段で程よく汗をかいたら猛烈にお腹が空いてきた。

ホテルにはあんこうチームの西住みほがいました。みぽりんは普段はおっとりしててドジっ子だけど、試合では巧みな作戦で指揮をとり鬼神のごとき強さを発揮するカリスマです。

中にはサイン入りのパネルが…!

キャストの渕上舞さんはガルパンで一気にブレイクしたもんなぁ。一発屋ではなくひとつのコンテンツがこんなに息長く展開されてると嬉しいなぁ。声優業界はブレイクするのはとても難しいと言われている。それだけ声優を目指す人が多くて母数が星の数ほどいるのだ。

うおぉ…あんこうチームのサインが…!!これまう家宝じゃないか!

凄いなぁ。ガルパンというコンテンツはこんなに愛されているのだ。

私は劇場版から入った人間なのでガルパンおじさん歴は短い。テレビシリーズやっていた頃はどちらかと言えば盛り上がっているガルパンおじさん達を見て「キモい!」と言っていた側の人間だ。

ガルパン劇場版を観たあとにガルパンおじさんとして覚醒したのだ!!

もうホテルの中はガルパン一色でした。これがいつかガルパン熱が冷めて何年もして

『ガルパン…?ああ、そんなのがあったねぇ…』

なんてなる日が来るのだろうか。それはそれで寂しいが…私は個人的にずっと続けてほしいと思っている。

大洗女子学園を卒業したみほは社会人としても戦車道を続けることにし、社会人チームとして世界リーグに出場することに。

強豪チームを撃破していく中でかつての強敵との再会…そしてあんこうチームとして共に戦った沙織、華、麻子、優花里が敵チームとして立ちはだかる!

なんて熱い展開が…。もうドラゴンボールみたいにずっと続いててほしいね。

朝食はめっちゃうまそう~♪

私は納豆大好きなので納豆出ただけでテンション爆上げです。サオリンも食べてたしね。それに茨城と言えば納豆でしょ!

ご飯はお代わりしてたくさん食べました♪

食後は軽食コーナーで珈琲を満喫しました。戦車ケーキは残念ながら撃破されて売り切れでした。しかし海を眺めながら珈琲を飲んでるなんて最高の贅沢だなぁ。

部屋に戻り荷物をまとめます。一階の部屋だったけど目の前が海なので大満足でしたよ。施設は古いけど何の不満もなく過ごせました。

なんとなく名残惜しいが大洗シーサイドホテルをあとにします!

お土産にブックカバーなどをもらいました。またいつか宿泊したいな!

【旅日記】茨城編11話『大洗磯前神社です!』

大洗海岸を歩く。ここは砂浜ではない。

全部石!!波で揉まれて削れて丸くなった石がジャリジャリ鳴っている。これは珍しいなぁ。足が取られて歩きづらい…。

目の前には大洗ホテルに大洗シーサイドホテル。昨夜に入った大浴場が見える。

うん、よく見える…あれれ??

中丸見えやんけッッッ!?

わたしゃ、てっきりマジックミラーになってて外からは見えないものだとばかり…昨夜…仁王立ちにしてるときに女性が歩いていったよな?

猥褻ブツチン列罪なの??(;Д;)

まぁ、見られてもすり減るものでもないし一向に構わん!!

気を取り直しホテルの脇を通り抜けて大通りに出る。目の前には大洗磯前神社の大鳥居がある。

結構大きいなぁ。丁度朝日が昇り始めて鳥居の中に収まり神々しい感じになったが私のヘタレなスマホじゃ残念な感じにしか写らなかった。

しかしこの朝を大洗で迎えられたのは嬉しいな。私の人生なんて家と職場の往復だけで終わると思っていたのだ。毎年毎月毎日納期に追われて右往左往して気が付いたら還暦を迎えて、若い頃にもっと遊んでおけばよかった…なんて後悔するのだ。

人生の1日は一度しか訪れないのだ。

さて、この坂道を上った先に社殿がある。どれ、右に転回し左折して上がっていこうか。

劇場版でバスから見えた風景だ。

社殿。さすがに人の姿はない。案外早朝に来て正解だった。

夏休みになれば子供達はラジオ体操をここでするのだろうか?

そういや最近は神社や公園でラジオ体操とかやってるんかね?毎日通ってカードに判子を貰って全部溜まるとノート貰えるんだよね。

同じ地区に好きな女の子がいて毎日会えるのが楽しみだったっけ。あの子も今は結婚して幸せな家庭を築いてるに違いない。

ガルパンの絵馬がある。それも巨大なやつ!

絵馬がもう普通の神社とは全く違う。なんというか…レベルが高い!めちゃくちゃ絵心あるなぁ。私もこういうイラストを描いてみたいが残念ながら画伯なのでどうしようもない…。

あんこうチームとカチューシャが戦車で降りていった階段。

うわっ!結構急だぞ!?

これは確かに戦車で降りるには勇気がいるな…。

のぼりを見るとありがとう!ガルパン!と書いてある。

ガルパンで大洗町はふるさと納税も増えて若い移住者も増えたと聞く。東日本大震災で甚大なる被害を受けたが復興を後押しして加速させたきっかけにもなったのだろう。

いろいろと言われるアニメだけど、使い方によっては多くの人に笑顔を届けるコンテンツになっていくんだな。

さて、そろそろ朝食だな!腹へった!

【旅日記】茨城編10話『静かな夜明けです!』

朝起きる。昨日は大洗町を満喫した。その全てじゃないが実に楽しい1日だった。

朝食まではまだ時間がある。ちょいと散歩するか。ホテルから出る。

初夏とはいえ朝は結構肌寒い。昨夜は道の駅で車中泊だったから疲れが抜けきっていなかった。布団で手足を伸ばし寝たから体力は万全だ。

時間は5時前。さすがに出歩いてる人の姿はない。日の出まではあと少しだ。少しホテル周りを歩くか。

大洗シーサイドホテルに宿泊した。そう、あのKV-2の砲撃を食らったホテルだ。昨夜は夕食無しでの宿泊。金がなかったので 大洗町のどこかで食べる予定だったのだが疲れもあってスーパーの惣菜とビールでノックアウトだったのだ。

大洗磯前神社。大洗シーサイドホテルの大浴場のお湯はここから湧き出る水を使っているとかあったな。目の前に広がる海に感動しガラスの前に仁王立ちになって眺めていたんだった。目の前を何人かの女性が通り過ぎていったのだが向こうから見えてないという背徳感がね…ドゥフフ。

ここが有名な神磯の鳥居。鳥居の中に朝日が入るポジションの辺りは人がたくさんいた。そうか、町中に人がいなかったのはここに集中してたわけか。

とりあえず朝日が昇るのを眺めるか。

おお…なんて神々しい…綺麗だ…。

他の人達からも感嘆の声が上がる。

スマホじゃ限界があるが肉眼ではとても綺麗だった。こんな朝日を拝められるとは早起きは三文の徳だな。

海岸の方へ移動。あの灯台辺りにKV-2が隠れていたんだよね。とても空気が爽やかだ。潮騒も耳に心地よい。磯の香りも…懐かしい感じがする。

KV-2が隠れていたのはこの辺りかな?なんか違う気がする。

透明な空だ。しかしなんて気持ちのよいシチュエーションなんだろう。すごく非日常的だ。茨城の旅も三日目。

旅の高揚感も最高潮だ。さてホテルに戻って朝食とするか。

【旅日記】茨城編第9話『市街戦は激戦です!』

みつだんごを食べたあとは目的地はすぐそこだ。

旅館肴屋本店です。

聖グロリアーナ戦で戦車に突っ込まれましたが劇場版のエキシビションでは完全に倒壊しました。

ここにはダー様がいました。聖グロの隊長ダージリンは大洗に2連勝している有能な隊長だ。劇場版ではちゃこんと正座しただけで

『ダー様の正座はいいぞっ!!』 と言わしめたものだ。

残念ながら…なぜかここのダー様の写真を撮らなかったらしい…バカバカバカ!私のバカ!!

割烹鮨かま家には黒森峰の副隊長エリカがいました。こちらのお店ではあのあんこう鍋が食べれるらしいのです!!

残念ながら…諸事情により貧乏なので 食べることは叶わず…実はいい年頃なのにまだあんこうを食べたことがないのです。美味いのかなぁ~?

反対側には大久保酒店。ここにはウサギさんチームの操縦主阪口柱利奈ちゃんがいました。柱利奈ちゃんというと『あいあいあいーっ!!』やるときゃやったる女の子なんですよね。

ちなみにこちらのお店には彼女の名前を冠した『柱利奈』 というお酒があるそうです。あ、いや、最初に知っておれば買ったのですが…帰宅してグーグルマップで思い出に耽っていたら発見した次でして「なぬーっ!?」とひっくり返ってました。

事前調査無しで突撃してきたので迷子にもなるしで…。

こちらは劇場版でチラッと映ったブロンズ。アンツィオの鉄板ナポリタンが食べられるそうです。

まぁ、私はさっきマリンタワーで食べたので別にいいか…と思いましたがすぐに諦められたのはこの看板の下に並ぶガルパンおじさんの集団を見て挫折した次第です…。こちらのお店にはアンツィオのペパロニがいるはずなのですが、おじさん達に囲まれ見えませんでした。

こちらのスーパーも劇場版で観ることができます。チラッと映りましたね。こちらで今夜のご飯を買いました。

そして茨城といえばあの店に…。

セコマことセイコーマートです!!道民にとってはソウル!!ソウル~…魂の~えーっと…なんていうのかな?

とにかくそういう魂を熱くしてくれるコンビニなのだよ。

北海道の時は本当にお世話になったコンビニですぞ!

本州では茨城県にしかありません。だからセコマを見ると北海道に来たんだな~って…あれれ??

途中に通りかかったのは大洗町役場です。劇場版のエキシビションではボッロボロに壊されてました。

それで新しく建て替えたんですよね~なんというタイミング!!

もう日も傾いてきました…1日で大洗は攻略できませんでした…迷子になりすぎたので…

宿までの道のりにはめんたいパークが…明太子おにぎりが売り切れていたのにまだまだ大盛況だ…。

今夜の宿にチェックインして早速風呂へ。おお!!海が目の前にあるぞ!!

さすが大洗…!私はガラスの前に仁王立ちになり目の前に広がる大海原に感動していた。そして部屋で風呂上がりの一杯!いやぁ、サッポロクラシックうめぇ!!

こうして大洗の夜は更けていった。

【ガルパン】知識0からのガルパンおじさん道始めます!

ガールズ&パンツァー??なんだそれは?

それは昔にコンビニの『サンクス』でキャンペーンか何かやっていて700円以上買うとくじが引けて当たる敵なものをやっていた。全く興味がわかず当初のイメージとしては

女子高生がキャピキャピやるだけのアニメやろ!

と思っていた。だってガールズ&パンツ…え、卑猥なイメージしかわかないw

と思っていたのがたまたまガールズ&パンツァー劇場版を鑑賞した。はっきり言えば登場人物の名前と顔が一致しない。風紀委員なんて誰がそど子でパゾミでゴモヨなのか全く分からない。一体誰がどの戦車に乗っているかわからない。

それで漠然と鑑賞していたがなるほど戦車道のルールは理解した。とりあえず弾を当てて白旗が上がればいいのか。フラッグ車を倒すのと殲滅戦があるのか。

なんだって!?いきなり学校が廃校!?それで大学選抜チームと戦う!?ここまでよくある王道のストーリー組み立てだ。だがここまで至るまで大洗の市街戦を見ていたためにかなり引き込まれている。戦車の戦いは音響も含めて臨場感抜群だった。私がイメージしていた女子高生がキャピキャピするのとはまるで違う。

そして大学選抜チームと戦う時には各学校が集結するという少年誌にありがちな胸熱な展開だったのだが、ガルパン知識ゼロの私は「サンダースって強いの?」程度のことしか思わなかった。黒森峰には主人公の姉がいるのか、カルロベローチェに三人乗れるのか!?戦車でドリフト!?驚きの連続だったのだ。

気が付いたら戦車のエンジン音に聞き惚れる程のめり込んでいたのだ。

戦車道は戦争ではない。れっきとしたスポーツなのだ!!それから私のガルパンおじさん道が少しずつ拓いていったのであった。

パンツァーフォー!!