タグ: 重音テナ

重音テナってどんな子?

重音テナは重音テトの双子の姉です。これは非公式ではありますが多くのユーザーに認知されている…はず。

作者はルル・三錠氏であり元はテトの2Pカラーというコンセプトで制作されたものです。

ここからは私の独自設定も加えつつ紹介しましょう。

元はテトと2人でツインドリルというユニットでアイドル活動をしていました。しかし、2人で活動している以上人気が二分されてしまう。それでプロデューサーからソロ活動を始めてみないか?という提案からテナはアイドル稼業から引退する決意をする。それは幼い頃よりアイドルを目指してきたテトを気遣ってのことで歌がまだ下手だったテトのフォローをするために一緒に活動していたのだった。

アイドルを引退するにあたってテトと意見が衝突してしまい喧嘩別れのような形で海外に渡航し国際人道支援のチームに入り紛争地域において医療スタッフとして働くことになった。元々医療関係の仕事に就くことを夢見ていたテナだったがテトを守るために会得していた格闘術(CQC)で第一線で活躍する。

しかしテナの身を案ずるテトは仮病を使いテナを緊急帰国させることに成功する。説得の末再びツインドリルとして活動することになり、健康診断のために病院に向かっていたところテナが乗っていたタクシーにスマホ操作しながら運転していたトラックが衝突。

この事故でタクシーの運転手は即死したがテナは吹き飛ばされた際に街路樹に衝突し一命を取り留めた。しかしその体は既に不随となり寝たきりを余儀なくされた。

懸命なリハビリを続けるがかつてのように動けない体に徐々に弱気になっていくテナ。テトも病院でアルバイトをしながらテナを支えるが一向に手足は動かなかった。

そんなある日謎の白衣の男がテナの前に現れた。その手には謎の箱があった。

「この中には君の人生を変えることができる物が入っている。しかし努力を怠れば無用の物になる」

そう言い残し去っていった。

箱の中身はリング状のアクセサリーだった。半信半疑で身に付けると僅かながらに手足が動く奇跡が起きた。それはオーバーテクノロジーの産物であり現代技術をもってしても理解できるものではなかった。

懸命なリハビリの結果テナはリングを身に付けている間は日常生活を送れる程に回復した。しかしそのオーバーテクノロジーのリングには思わぬ副作用があったのだ。それはオーバーブーストモードを発動してしまうもの。それは怒りや不安な気持ちになるとスイッチが入り髪の色が変わり身体能力、脳の処理速度が何倍にもなるというもの。その代わり精神力と体力を大幅に消費してしまい場合によっては昏睡状態に陥ることも。

性格は穏やかでお淑やかだがテトの前では威厳を保つために威圧的な態度を取ることがある。圧倒的な武力を誇り武器の扱いや近接格闘に長ける。といった感じです。

あくまで私のあぴスタジオ独自の設定なのでご了承下さい。

 

これまで何度もバージョンアップされてきました。全部可愛いのですが私が好んで使っているのは右から2番目の黒リボンのテナさんです。


-クレジット-

モデル

重音テナ…ベ・ルル三錠様

EKR-18000-br57…v-トール様

スカイドーム…怪獣対若大将P様


-関連情報-

ベ・ルル三錠様のユーザーページはこちら!

 

【MMD静画】遠くへ行きたい


ふと思い立ち気が付いたら電車に乗っていた。
あの岬の名前はなんだったかな?と遠い過去の記憶を探していた。
あの頃に一緒に行ったあなたは元気でしょうか?

誰かと一緒にいるのでしょうか?
遠い町のあの岬に行けば思い出すでしょうか。

窓の反射に苦労しました(;´Д`)

微調整に微調整を重ねて一応これが限界でした。

背景は美瑛の丘です。電車は写実的ですがこれもMMDモデルだからびっくりですね!

テトさんと並ばせようと思ったけれど今回は窓の反射から一緒にいるんだなと分かる程度にしました。テナさんは初めて見る景色にやや緊張したような面持ちですね。


-クレジット-

モデル

重音テナ、重音テト…ベ・ルル三錠様

キサノキ式キハ22…キサノキ様

エフェクト

A-toon2…KAYA様

WorkingFloor…そぼろ様

 

【MMD静画】昔読んだ本を探し求めて



ほんのわずかな好奇心
無限に膨らむ想像が小さな胸を飛び出した

あのワクワクをもう一度取り戻したくて
本棚からあの本を探すことにした

でもあの頃の好奇心は戻らなかった
大人になるということは
きっとこういうことなんだと
寂しくなったけれど

あの物語を書いてみたいと思った

 


ークレジットー

モデル

重音テナ…べ・ルル三錠様

子猫詰め合わせ…闇雨様

ステージ

吹き抜けのある本棚付きペントハウス…カーグラP様

アクセサリー

インテリア用古書セット…とりそば様

エフェクト

A-toon2…KAYA様

GodRay…ビームマンP様

ありがとうございました

【MMD静画】月夜の姫

それは幻だったのかもしれない
一夜の幻想へ誘われ
深い水の底へと沈んでいく感覚

熱量のない光に照らされ
揺らめく視界の中に立つ君は
美しく
淡く
儚かった

遠い月の幻となった
宇宙の向こうへ
ぼくは翔びたいと思った

 

夜の街を泳ぐクジラをバックに月夜に照らされる重音テナさん。幻想的な雰囲気を出してみたいと思い撮影してみました。

月夜には白服が映える。


-クレジット-

モデル

重音テナ…ベ・ルル三錠様

マッコウクジラ…86500様

ステージ

吹き抜けと本棚のステージ…カーグラP様

ビルの夜景…怪獣対若大将P様

エフェクト

A-toon2…KAYA様

AutoLuminous4…そぼろ様

GodRay…ビームマンP様

PostRimLighting…ミーフォ茜様

ありがとうございました


関連情報

ニコニコ静画のページはこちら!

【MMD静画】水と共に消えゆく泡沫の歌

あの時間の中でしか響かない歌がある
あの頃のあなたはいない

ただ心の中にだけある
懐かしい言葉と声が
まるで水の泡のように

忘却の彼方へと消えてしまう

あなたに逢いたい
ただそれだけなのに

こんなにも難しい
遠くに過ぎ去った時の跡

キャラクターとしてはほぼ無名の重音テナです。重音テナは重音テトの双子の姉という非公式の設定でベ・ルル三錠氏によって作られた創作キャラクターです。

今回はツインテールですが普段はテトにセットしてもらうツインドリルの髪型をしております。初音ミクとキャラ被りしてしまうリスクがあるのだが、髪のセットにかかる時間がもったいないという安直な理由もあるのかもしれない(テトが凝り性で三時間くらいかかるらしい)


-クレジット-

モデル

重音テナ…ベ・ルル三錠様

エフェクト

PostMove改変9色…ミコト様

A-toon2…KAYA様


関連情報

ニコニコ静画のページはこちら!

【ボカロな日常】パンツの日

今日8月2日はパンツの日だそうだ。語呂合わせからパンツの日か…パンツねぇ…。

先日テナさんのパンツに転生する話を発表したが不発に終わった。本当に不発だったのだ。えっちぃ話を書けばたくさんの人が釣られてやってくると思っていたのに片手で数えられるくらいしかこなかった…。

浅はかだった…。

でも今日はパンツの日…この記念すべき日をぜひとも最高のものにしたいと…。

というわけでテナさん!!

テナ「はい?」

ぜひ…その…パンツを…みせ、みせ、魅せて下さい!!

テナ「ダ、ダメですよ~…恥ずかしいなぁ、もう…」

そこをなんとか!!

テナ「ダメなものはダメです!!」

そこをなんとか!!地面に頭を擦りつけるのでお願いしまーす!!

テナ「やだ!もう!」

のおおおおお!!これはたまらん!!

テト「おい!何をしてるんだお!?」

おお、テトさん…って…

テト「君ってやつは…!!」

な、なんという恐ろしいお顔…あわわ…

テト「そんなにパンツが見たいならボクのを見せてあげるお!!」

いや、それはパンツじゃなくてパンチッぷぉっあ!?

 

終わり


-クレジット-

重音テナ、重音テト…ルル・三錠様

アニメ調シェーダー…KAYA様

【ボカロな日常】パンツはつらいぜよ

私はなぜか床に寝ていた。天井が見える。ああ、起きるかと身を起こそうとするが全く動かない。

うむむ?これは一体…私の体はどうなってしまったのか?

そんなところにテナさんが歩いてきて私を見下ろしている。うん?なんか変だな?どうしてこんなにテナさんが大きく見えるのだろうか?

テナ「こんなところに落ちてた…恥ずかしいなぁ…もう…」

テナさんは私を掴むと無理やり頬を引っ張る。むむ!?頬ではない。両端だ。私はここでようやく認識したのだ。

私はなんということかよりにもよってパンツへ転生してしまったらしい。なぜだろうか?

そういえばリビングに来る時に滑って転んだのだった。そして自称『神様』にこんなことを言われたのだった。

神様「わしは神じゃ。お主は今死んだ。だからすぐに転生させてやろう。何になりたい?」

私は悩んだ。お金持ちに生まれたかったがまた子供の頃から人生をやり直すのは面倒くさい。人間以外の何かになりたかった。かと言って弱肉強食の動物の世界は嫌だ。

もっとのんびりと過ごせるもの…それは…

「そうだ!テナさんのパンツになりたいです!!」

神様「は?」

「いや、神様が聞き直すなって…テナさんのパンツ!私はテナさんのパンツに転生して一生テナさんと生きることにする!」

神様「そんなもんでよかろうもん?」

「なんで九州男児に?」

神様「まぁ、お主が望むならそのテナさんとやらのパンツにしてやろう。チンチンブラブラピタンピタン!!」

ギョッギョッギョッ!

ということでテナさんのパンツになったのだった。

テナ「突然消えたから不思議だったんだよね…誰も見てないよね?」

テナさんは私を広げると片足を通す。おお!テナさんもしかして…ノーパン!?

な、ななななんということだ。私は遂に憧れのテナさんのパンツになってあの部分へ密着するのだ。

おおおおおおおおいっ!!

「…おい」

遂にテナさんが…ふがあぁぁぁぁ!!

「おいってば!おい!」

テナさぁぁぁん…!!

「しっかりしろ!大丈夫かお!?」

なんだ?なんか視界が揺れて…。

目を覚ますと目の前にテトがいた。

テト「大丈夫かお!?」

「え?テナさんのパンツは?」

テト「は?君大丈夫かお?頭打ったのか?」

「え?私はテナさんのパンツだが?」

テナ「え?何を仰ってるんですか?」

「あれ?テナさん?あれ?テトさん?あれ?私は誰?あれ?夢だったの??」

テト「君ってやつは…まさか、お姉ちゃんのパンツになる夢を見ていたのかお?」

テナ「ははは、まさか…テトったら!」

テナさんのパンツに転生する夢を見ていたのだった…。夢だったのか…ガッカリ。

テナさんは可愛い!


-クレジット-

重音テナ、重音テト…ベ・ルル三錠様

アニメ調シェーダー…KAYA様

脱衣用パンツセット v0.5…KEITEL様

クリスマス部屋…~白~様