デス・ドアーズ

10.学校

「シュクレンは死神になってまだ日が浅いんだ。経験もまだ足りない。そして俺様もまだシュクレンの能力を把握しきれていない。今回の敗因は全て俺様の責任だ…申し訳ない…チャラ娘の言うことももっともな意見だ…」クロウは素直に過失を認め頭を下げた。「ま…

9.学校

「焼きそばパン…一緒に食べた」加奈は拍子抜けした表情をする。そして小さくため息を吐くと元の姿へと戻った。小刻みに体が震えている。「ねぇ、あたしってどうして生まれてきたのかな…どうして死ななきゃいけなかったのかな…どこにも…居場所がない…ここ…

8.学校

「キリコ!そろそろお遊びはおしまいよ!追い詰められた不浄は何をするかわからないわ!早くカタをつけるわよ!!」ノスタルジアはキリコの周りを飛び回る。「ノスタルジアーッ!」キリコが右手を差し出すとノスタルジアが白金の槍へと姿を変える。「そうね!…

7.学校

それは記憶なのか幻想なのかわからなかった。痛みによる混乱なのか、或いは失われたはずの記憶が蘇ってきたのは定かではない。しかし、それはあまりにも鮮明で現実的だったのだ。「ねぇ、あたしって遺書残して自殺しちゃった方が良かった?そうしたらあたしを…

6.学校

「あたしへの虐めはなかった事になった。不慮の事故で大怪我をした事になったの。由緒正しき進学校でイジメなんてあってならない事だったから!学校も必死に隠蔽工作したみたい。もちろんあたしを虐めた生徒達は罪に問われる事はなかった…今でも平然と生きて…

5.学校

廊下を壁にぶつかりながら走って進む。「…階段は…」すると突然後ろから重いものがぶつかり床に伏せられた。さっきの女生徒達だ。「あんたよく友達もいない学校に来れるわね?」「貧乏人のくせに!」シュクレンの背中に煙草の火が押し付けられる。「ああああ…

4.学校

「絶望しかなくても自分を保っていられる。学校に居るだけで、頑張ってこれた自分を肯定できる場所なの」「…うん。加奈…頑張った…すごく」シュクレンの言葉に加奈は感極まった様子で抱きつく。「…加奈?」「ここはあたしの居場所なんだよ。これからもずー…

3.学校

「ここが学食!とっても美味しくて安いんだよ!」加奈は券売機を指差す。「超人気メニューのロースカツ定食!ここって進学校だからカツとか縁起がいいのよね!でも私はこれが好き!」加奈は焼きそばパンを押す。するといつの間にかカウンターに焼きそばパンが…

2.学校

「あたしは学校好きだよ!唯一のあたしの居場所なんだ!あたしを肯定してくれる場所!見て!この制服可愛いでしょ?」加奈は胸に手を宛てがうと目を輝かせた。「…うん、可愛い…」「うふふふ、この学校はあたしの居場所なの!あたしはこの居場所を守るためだ…

1.学校

遠くから雷が聞こえる。時おり稲光が迸り長く暗い廊下を瞬間的に照らす。漆喰の壁には幾つもの木造の扉が並び廊下の先は暗くて見えない。ゴシック調に装飾されたお洒落な窓の外は暗く今にも雨が降り出しそうだった。扉の取手に手をかけるとゴロゴロとレールの…

12.鋼鉄の処女

「テレッサ!」シュクレンは倒れてるテレッサに駆け寄る。「思い出した…私も…とっくに…死んでいたんだね…最後まで…リスティに…優しく…できなかった」テレッサは涙を流す。するとシュクレンが身に付けていたイヤリングが落ちた。「あ…」小さな手がそれ…

11.鋼鉄の処女

「イラララララ!お前も私の血になれーっ!」扉が勢いよく開くと中からただの肉塊となったイルーヴォ王妃の肉体が崩れてきた。すると部屋の空気が勢いよく吸い込まれる。それは鋼鉄の処女の中へ空気が流れていた。「イラララララ!憎い!憎い!!憎い!!!」…