黒の少女

5.黒の少女

朽ちた柱が何本も立つ長い回廊をしばらく歩く。夕日の眩しい光が柱の影を大きく伸ばしていた。「我が主様は夕焼けがお好きなようでな。いつもここは夕方なのだ」大きく空間が開けてホールのような広い場所に着いた。そこにはたくさんの死神カラスと従者達がい…

4.黒の少女

「がっ…ぺ…?」突然頭から何かが叩きつけられゲゼルの頭部が激しく歪んだ。少女が振り下ろしたハンマーがゲゼルの頭に落ちていた。「うぎゃあああぁ!いでぇ!いでぇーっ!」ゲゼルが緑色の血を吐き悶絶しながらのたうち回る。少女は糸を引きちぎりゲゼルに…

3.黒の少女

目が覚めると視界に飛び込んできたのは青い空だった。白い雲がゆっくりと流れていた。そこはどこかで見たような景色だった。懐かしいような気もしたが、思い出そうとすると目眩が襲ってきた。「これは…何だ?」少女は立ち上がる。全身黒い衣装に包まれ、袖や…

2.黒の少女

翌日の朝には昨日起きた事を忘れるように努めて玄関の扉を開けた。すぐに視界の中にカラスの姿を捉える。「カラスさん!オハヨー!」未来はいつものようにカラスに挨拶すると後ろを振り向いた。「おねえちゃん!早いよぅ!」弟の啓登が後ろから駆けてくる。「…

1.黒の少女

「行ってきまーす!」少女が元気良く家の玄関を飛び出した。ツインテールに結んだ黒く艶やかな髪は風にサラサラとなびき、その足取りは軽やかだった。体よりやや大きめのランドセルが揺れている。加藤未来(みく)9歳。明るい性格で二つ下の弟を可愛がってい…