デス・ドアーズ

2.魔女狩り

シュクレンは空に飛び交う無数のカラスを窓から見ていた。「…あんなにたくさん?」「カラスは死の匂いに敏感だからねぇ…この国は死に支配されてるのさ。全てが狂ってるのさ。昔はとても良い国だったのに…」ドールがしゃがれた声で喋った。「死に…支配…」…

9.黒の少女

ロウファの右手からブラックが離れ飛び上がる。「ふん!結局我らに恐れをなして逃げたな!わはははっ!」ブラックが高らかに笑う。そして地図に目を通す。ある場所にいくつかの光が集まっていた。それは点滅を繰り返し消えていく。「ほほう、これだけの数の死…

8.黒の少女

ホールではキリコとノスタルジアが中央の地図を見て悩んでいた。「カカカ!貴様らまだいたのか!早く帰って家でミルクでも飲んでたらいいものを!」ブラックが高らかに笑いながら現れた。「ちょっと!あんたの従者の馬鹿力のおかげで怪我して仕事を選んでるの…

7.黒の少女

「ゲハーッ!!」グレッグがハンマーを勢いよく振り下ろす。ロウファはそのハンマーをハンマーで打ち返した。凄まじい轟音と共に強い衝撃がグレッグの腕を弾き飛ばした。「ゲァッ!?この力はっ!!」両手が痺れハンマーを手放した。「ぐうぅぅぅ!許さなぁい…

6.黒の少女

石造りの大きな扉の前にロウファが立つ。「死神ブラック!帰還致しました!」轟音と共に扉が開き黄昏の夕焼けに染まる廃墟が現れた。そこにはロウファと同じ年の瀬の少女が立っていた。白く輝く髪に透き通るような肌、そして緑色の光を宿した瞳が際立って妖し…

5.黒の少女

朽ちた柱が何本も立つ長い回廊をしばらく歩く。夕日の眩しい光が柱の影を大きく伸ばしていた。「我が主様は夕焼けがお好きなようでな。いつもここは夕方なのだ」大きく空間が開けてホールのような広い場所に着いた。そこにはたくさんの死神カラスと従者達がい…

4.黒の少女

「がっ…ぺ…?」突然頭から何かが叩きつけられゲゼルの頭部が激しく歪んだ。少女が振り下ろしたハンマーがゲゼルの頭に落ちていた。「うぎゃあああぁ!いでぇ!いでぇーっ!」ゲゼルが緑色の血を吐き悶絶しながらのたうち回る。少女は糸を引きちぎりゲゼルに…

3.黒の少女

目が覚めると視界に飛び込んできたのは青い空だった。白い雲がゆっくりと流れていた。そこはどこかで見たような景色だった。懐かしいような気もしたが、思い出そうとすると目眩が襲ってきた。「これは…何だ?」少女は立ち上がる。全身黒い衣装に包まれ、袖や…

2.黒の少女

翌日の朝には昨日起きた事を忘れるように努めて玄関の扉を開けた。すぐに視界の中にカラスの姿を捉える。「カラスさん!オハヨー!」未来はいつものようにカラスに挨拶すると後ろを振り向いた。「おねえちゃん!早いよぅ!」弟の啓登が後ろから駆けてくる。「…

1.黒の少女

「行ってきまーす!」少女が元気良く家の玄関を飛び出した。ツインテールに結んだ黒く艶やかな髪は風にサラサラとなびき、その足取りは軽やかだった。体よりやや大きめのランドセルが揺れている。加藤未来(みく)9歳。明るい性格で二つ下の弟を可愛がってい…

21.羆

眠っているシュクレンの傍に寄り添うキリコの姿があった。「疲れて眠ってるのね。よく頑張ったわね!」「キリコもよく耐えたわね?何度も飛び出そうとして抑えるのも大変だったけど?」ノスタルジアの言葉にキリコは口を尖らせる。「だってあたいだったらあん…

20.羆

羆の体からも光の粒が上がると小さくなりガラス玉のような魂が残った。するとクロウの大鎌がそこに落ちていた。すっかり小さくなり草刈り鎌のようになっている。「クロウ!」シュクレンは慌てて鎌を拾うと鎌の変化が解けてカラスの姿になる。「クロウ!」再び…