9.死神の棲む街

「行けぇぇ!シュクレン!!」
大鎌が青い光を放ち半円を描きながら加速していく。その風切り音はまるで断末魔の叫びのように禍々しい音を発し死神の体を胴から斬り裂いた。

「アッ…ガッ!?」
死神の上半身が床に落ちる。
大鎌から放出した衝撃波は勢いを弱める事なく、後ろにいたカイトの体を吹き飛ばした。

「あ…」
カイトの体から血が噴き出し仰向けに倒れると死神は地面に溶けるように消えて無くなった。

倒れたカイトに歩み寄る。目から涙を流し小刻みに震え何かを訴えるように口を動かしていた。
しかし、その声は微かで聞き取ることはできない。
シュクレンはしゃがみ、そっとその涙を指で拭いた。

「あたたかい…」
カイトは震える手でシュクレンの袖を強く掴む。その手からは小さな光の粒が立ちのぼってくる。
クロウは大鎌の変化を解きカラスの姿に戻るとシュクレンの肩に留まった。
「少年、思い出せ!お前はもう死んでるんだ。死を忘れ、ここに堕ちた。この我欲と妄想にまみれる『デスドア』にな」
カイトの目が左右に泳ぎ、わけがわからないといった具合でシュクレンを見つめた。

「死神が徘徊するこの街もお前さんの妄想が作り出したセカイだ。初めから死神なんて存在しなかった。そう、お前さんは現実世界で殺されたんだよ。実の父親に…」
クロウの言葉にカイトは拒絶し首を横に振る。

「う、嘘だぁ!!お父さんは優しくて…強いんだ!!僕を殺すなんて…ないよ…」
声を搾り出し叫ぶ。口から血が溢れ顎を震わせる。
「父親は働いてる漁船から解雇され絶望した。理由はそれだけじゃないかもしれないが、心中を図ろうとしたんだろう。死神の姿が黒かったのはお前さんが最後に見た姿を忘れようとしてたからだ。思い出せ!自分の死を!!」

カイトの目が大きく見開かれた。
息苦しさで目を覚ますと父親の手が首に巻かれていた。
「お、お父…さん…!?」
「ごめんね…ごめんね…カイト…!」
カイトはわけがわからず父親の手を握り振りほどこうとするが離れない。
「お…母…さん…助け…」
アリッサに助けを求めるがその姿は目に入らなかった。やがて、目の前に闇が広がっていく。カイトは意識を失い、そのまま死を迎えた。
「お、思い出した…全部…僕は…お父さんに殺された…!!」
そして顔をしかめると声を詰まらせ泣き始めた。体全体から光の粒が立ち上る。それにつれてカイトの体が薄く小さくなっていった。

「…違う…」
「え?」
シュクレンの言葉にカイトは驚いた表情をする。
「…お父さん…泣いてた…苦しんでた…だから…ごめんね…言ってた。」
「……ッッッッ!」
カイトの目から涙が溢れ出て、声を出さずに泣いた。