デス・ドアーズ

8.魔女狩り

 シュクレンは無我夢中で通路を走る。「クロウ…どこ!?」 窓の外には無数のカラスが飛び交っているがどれがクロウかわからない。「どうして来てくれないの…」 城の出口を目指して走るが方向が合っているのかさえわからない。後ろを振り向くがクリスが追…

7.魔女狩り

 シュクレンとクリスは通路を走る。「出口は…!?」「このまま真っ直ぐ…ちょっと待って!」 クリスが足を止めて部屋に入る。そこは様々な衣服が飾られていた。「さすがに裸のままじゃ逃げられないわね…シュクレン!これを!」 クリスは服を差し出す。「…

6.魔女狩り

「妖の蒼月の体には黒の書による呪文が刻まれているという。お前は魔女ではないな?」女は震えながらもホッとしたような表情をする。ダン国王の両手が女の肩を掴む。口を大きく開けると鋭い牙が存在していた。「いやぁぁぁ!!」牙で女の頸動脈を食いちぎった…

5.魔女狩り

「それでは仕方がありませんな。戻りましょうか」クリスは引き返そうとする。「待て!ちょっとおかしい。顔を見せろ!」兵士がクリスの布を引っ張る。「はっ!」その直後にクリスが手の平で兵士の頭を抑えると糸が切れた人形のように倒れた。「なっ!?お前何…

4.魔女狩り

「このセカイの不浄の魂はおそらくは国王、そしてその家臣達だ。多くの魂を一気に回収できるが国王の魂は他の死神にくれてやってもいいだろう。そっちはソウルイーターの仕事だ。国王を倒せば他の魂は解放されるはずだ。俺達はその魂を回収すればいいだろう」…

3.魔女狩り

夜になっても魔女狩りは慌ただしく行われた。煌々と松明の炎が街を照らし何人かの悲鳴や怒号が路地に反響する。この国にはもはや安堵する場所も時間もないのだ。「シュクレン…こっちへおいで」クリスが手招きする。そして髪に何かを塗る。それは酷く匂う液体…

2.魔女狩り

シュクレンは空に飛び交う無数のカラスを窓から見ていた。「…あんなにたくさん?」「カラスは死の匂いに敏感だからねぇ…この国は死に支配されてるのさ。全てが狂ってるのさ。昔はとても良い国だったのに…」ドールがしゃがれた声で喋った。「死に…支配…」…

9.黒の少女

ロウファの右手からブラックが離れ飛び上がる。「ふん!結局我らに恐れをなして逃げたな!わはははっ!」ブラックが高らかに笑う。そして地図に目を通す。ある場所にいくつかの光が集まっていた。それは点滅を繰り返し消えていく。「ほほう、これだけの数の死…

8.黒の少女

ホールではキリコとノスタルジアが中央の地図を見て悩んでいた。「カカカ!貴様らまだいたのか!早く帰って家でミルクでも飲んでたらいいものを!」ブラックが高らかに笑いながら現れた。「ちょっと!あんたの従者の馬鹿力のおかげで怪我して仕事を選んでるの…

7.黒の少女

「ゲハーッ!!」グレッグがハンマーを勢いよく振り下ろす。ロウファはそのハンマーをハンマーで打ち返した。凄まじい轟音と共に強い衝撃がグレッグの腕を弾き飛ばした。「ゲァッ!?この力はっ!!」両手が痺れハンマーを手放した。「ぐうぅぅぅ!許さなぁい…

6.黒の少女

石造りの大きな扉の前にロウファが立つ。「死神ブラック!帰還致しました!」轟音と共に扉が開き黄昏の夕焼けに染まる廃墟が現れた。そこにはロウファと同じ年の瀬の少女が立っていた。白く輝く髪に透き通るような肌、そして緑色の光を宿した瞳が際立って妖し…

5.黒の少女

朽ちた柱が何本も立つ長い回廊をしばらく歩く。夕日の眩しい光が柱の影を大きく伸ばしていた。「我が主様は夕焼けがお好きなようでな。いつもここは夕方なのだ」大きく空間が開けてホールのような広い場所に着いた。そこにはたくさんの死神カラスと従者達がい…