タグ: 自家製太麺渡辺

【 ナベリアン 】 ナベリアン とはなんぞや!?それは自家製太麺渡辺を愛して止まない武士(もののふ)達だった!

ナベリアン に私はなりたい

宮城には『 ナベリアン 』がいるそうだ!

目次

  • プロローグ
  • ナベリアンとは?…それはこよなく渡辺を愛する猛者たち!
  • 生息地域…主にTwitterに多く生息しているらしい!
  • 習性…驚くべき習性
  • エピローグ
⚠️はじめに⚠️

この記事は私の身勝手の極意によって生み出された文章であり、決して有益な情報ではなく稼げる商材でもございません。
ただのアホな文章です!
自己責任のもと読み進めて下さい。

この文章を読んだことにより負った空腹感や損害につきましては当方は一切責任を負いませんので、悪しからずご了承下さい。

プロローグ

伝説の生き物 ナベリアン は確かに存在した!!

 暇をもて余した日曜日の午後。我々、少数精鋭奇人変人の集まり『浪漫☆倶楽部』のアジトは隙間風が私の頬を撫でていった。

「あー、暇だなぁ…」



 私は浪漫隊長『勇木 馨(いさむぎ かおる)』である。

「てぇへんだ!てぇへんだ!」といきなり大声をあげて入ってきたのは我が浪漫☆倶楽部の一番隊員である大鳥隊員こと『大鳥 信之助(おおとり しんのすけ)』だ。



「おいおい、どうしたのだ?」
 私はむっくり起き上がると慌てふためく隊員の顔を見る。鼻の穴を膨らませて野山を駆け巡ってきた犬のように息が荒い。

「隊長ーっ!ナベリアンって知ってるか!?」

「は?ナベリアン?エイリアンなら知ってるが?」

「Googleで検索しても詳しい情報が出てこねぇ!これは伝説の生き物じゃないか!?」

「ほほう、実に興味深いな!」
 我々『浪漫☆倶楽部』は怪奇現象や未確認生物などオカルトな調査をしている趣味人の集まりだ。といっても私と大鳥隊員しかいない選ばれた少数精鋭なのだ。

ナベリアンとは何者か?

 まずは語源から調べてみよう。
 世の中には『エイリアン』という言葉がある。これは宇宙からの侵略者を指した映画が元であると考えられる。それにちなんでラーメン二郎の熱烈なファンを『ジロリアン』と呼ぶ。

 しかし、ジロリアンはここだけの話だが
『寿命が短い』
という特徴がある。Twitterなどにおいては頻繁に二郎についての熱いツイートをしているがある日突然ツイートしなくなる傾向がある。
 フォロワーはなにかを勘繰り察してそれについては触れないというのが通例だ。

 
 だがある日、突然家族からのツイートが出てきて衝撃の事実を知ることになる。

でも太く!短く!生きるのが彼らの宿命(さだめ)なのだ!

 ナベリアンは宮城の超人気店『自家製太麺渡辺』という店に足繁く通うファンを指す言葉だと思われる。
 だがあくまでも自称に留まっているようで正式な呼称には発展していないようだ。

 潜在的にその個体数は非常に多いと思われる。

 おそらく自覚もなく自らがナベリアンになっている可能性も否定できない。それはゾンビに咬まれてゾンビになるように自覚ないままナベリアンになっているのかもしれない。
そういうわけで我々も調査に向かう!

生息地域

 店に到着すると多くの人が並んでいる。

「おい、すごいな…!ひぃふぅみぃ…ざっと20人は並んでいるぞ!?」
 私はその行列に驚いた。日曜日とはいえこんなに並ぶものか?

「この内の何人かはナベリアンってわけだぜ!俺達も並ぼう!」と大鳥隊員はそそくさと列に加わりスマホを取り出した。

「なにしているのだ?」

「ナベリアン釣りですわ。ナベリアンはインスタよりもTwitterに生息している可能性が高いんだ。あのダクトを撮影してツイートをするといいねを押してくれるんですわ」

「ほほう、なるほど。あのダクトねぇ」
 店からは排気のためのダクトが設けられているのだがその下に並んでいる人達は恍惚とした表情を浮かべている。

「あのダクトが怪しい!あそこでナベリアンウイルスを放出している可能性もあるな!」
 私はキメ顔で指差した。

「ナベリアンウイルスwwwいつから感染症になったんや!w」

ナベリアン はTwitterに多く生息しているらしい!

習性

ナベリアン は週に一回は訪れるらしい!

「ナベリアンは毎週来てるみたいですわ!」

「すごいなっ!」

「それくらいじゃないと ナベリアン にはなれないんですわ!」
 大鳥隊員はそう言うと鼻穴を大きく膨らませる。既に我々はダクトの下にいた。
「ふぁーっ!?なんていい匂いなんだ!!こ、これは…煮干しだな!?」

「ここで食欲のスイッチが入り、店に入った頃には最高のコンディションで食べられるってわけなんですわ!ガハハ!」

「ガハハ!じゃなくて貴様…ここまで詳しいとは…」

「実は隊長に黙っていたけど俺…隠れナベリアンなんですわ!」
 大鳥隊員は見事に育まれた腹をペコペコ叩きながらまた高笑いする。

「なんだその…隠れキリシタンみたいな言い方は!?てかナベリアン知ってたんじゃないか!!」

「まぁまぁ、家庭を持つとこういうラーメン屋に並ぶことはできないんですわ。子供がいると尚更ね。だから仕事中にこっそり寄って一人で堪能するのを隠れナベリアンって俺は言ってるんですわ!」

「ほほう、なるほどな。確かにカウンターのみで麺量も多いとなれば子連れで並んで食べるのは厳しいな」

「だから隠れナベリアンは潜在的にかなり多いと思うぜ。少ないお小遣いをやりくりしながら昼休みに並んで食べるんですわ…」
 大鳥隊員は糸のような目を更に細めながら呟いた。

 なるほどな、隠れナベリアンは切実なお財布事情を抱えながらもここのラーメンを食しているわけだ。

エピローグ

 私のように好きな物を好きなだけ食べたい時に食べれるものではないのだ。隠れナベリアン…深いな。

 入店し入り口脇にある券売機で食券を買う。脇に麺量が書いてあるリストがあるので親切だ。

 迷わず麺400gのらー麺特大を選択する。
 運ばれてきたらー麺は迫力満点のものだった。無我夢中でがっつきあっという間に完食し丼を逆さまにしてスープまで飲んだ。


「プハーッ!こりゃあたまらんな!」
「だろ?隊長もナベリアンを目指すことですわ!」
 大鳥隊長は満足げに箸を置いた。

「ナベリアン…実に素晴らしいじゃないか!私もナベリアンを目指すぞ!」
「ガハハ!その意気ですわ!」

 まだ初夏にもならない日曜日の午後。
 我々はナベリアンの謎を解き明かしたがその全容はまだ明らかではない。
 今後も調査を続け追って報告する!!

 以上!
 

【ラーメン】 自家製太麺渡辺 の らー麺特大 !ワシワシ麺を堪能し腹パンパン!

自家製太麺渡辺 のらー麺特大 が食べたい!

自家製太麺渡辺 の らー麺特大 を攻略する!

宮城で屈指の人気を誇る 自家製太麺渡辺 は煮干し香るスープに歯応え抜群のクセになる太麺がたまらない中毒性要注意の一杯!

目次

プロローグ

宮城県では渡辺が食われておる!「あー、渡辺食いてぇ…」と呟くと気が付けば 自家製太麺渡辺 の前にいた!

春の寒戻りでまさかの雪が降った平日。私は労働がお休みであった。

コロナもまだ落ち着いておらず緊急事態宣言が発令されていた頃よりも感染者が増えている今日この頃。

当社の混乱に比べれば日常を取り戻しつつあるのではないかと人間の順応性に感心していた。

悪天候な平日…これはあの『渡辺』を食べるチャンスではないか!さすがにこんな雨が降りしきる中で並んで食べる人もおるまいと車を走らせ向かったのであった。

うっほ!並んでますわよーっ!!でもここからならたぶん20分くらいだ。大丈夫!とおとなしく列に並んだ。

老若男女客層は様々だ。比較的若い人が多い。コロナ禍ではあるがこんなに並ぶものなんだねぇ。

ダクトの前に来ると食欲を刺激する煮干しの香りが…。実はここにも駐車枠かあるのだが駐車するにはかなりハードルが高い。

駐車するには車内を片付けておきましょう!

注文方法

やはり20分程度で入店出来た。ちょうど良い感じで空腹だ。

オーダーは入店して右側にある券売機で券を購入しスタッフさんに渡す形となっています。

私が注文したのは『 らー麺特大 (麺400g)』です。

混雑していてもとてもスムーズです。

ビジュアル

10分も待たずに

自家製太麺渡辺 らー麺特大

着ドーン!

麺量多すぎてスープが見えてません。煮干しの良い香りがします。

自家製太麺渡辺 の最大の魅力はこの見た目です!

このいかにも食えるもんなら食ってみろ!と言わんばかりの盛りの良さは他の追随を許しません。モヤシでかさ増しではなく単純に麺で圧倒するビジュアルは唯一無二の存在だと思います。

スープ

スープは煮干しメインの香り高いもの。

煮干しの他に鶏ガラや豚骨も使用しているのだろうか?実に奥深い味と香りです。煮干しはえぐ味を感じずに非常に美味しい。薬味のネギとの相性はとても良いです。

固くて太い麺を丼から掬い上げます。

自家製太麺渡辺 という看板通りの太麺は多くの客を魅了する歯応えと風味が自慢の逸品!

渡辺といったらこの麺。実は胡椒だけでも美味しく食べられることを知ってしまいました。

最初から固いのもポイント高いです。固めをオーダーしなくとも良いですね。尚、ヤワメは『超時間をいただきます』とありました。

添えられる具材はホロホロと柔らかいチャーシュー。麺が主役なのでこちらでは存在感は薄いですね。

柔らかいけどシャキシャキの食感の穂先メンマは 自家製太麺渡辺 ならではのベストチョイス!!

このメンマめちゃくちゃ好きです。柔らかいのにシャキシャキなんですよ!とても美味しいです。ゴワゴワ麺に柔らかいチャーシュー、そしてシャキシャキ穂先メンマと非常に物語性の高い一杯となっています。

  • 起…香り高いスープを堪能
  • 承…麺とチャーシューを味わう
  • 転…ひたすら麺と麺!
  • 結…穂先メンマと残ったスープを堪能

控えめに言って最高の時間を過ごすことができます。明らかに並んでる時間よりも喫食している時間の方が短いのですが、それを上回る幸せ時間の濃度が高いです。

エピローグ

待った甲斐があって最後まで美味しくいただきました。さすが渡辺!と感心せざるを得ないです。

そういえば『ナベリアン』という言葉を見つけました。これはラーメン二郎の熱烈なファンに対する呼称の『ジロリアン』のようなものでしょう。

多くの人を魅了してやまない渡辺だからこそ生まれた『ナベリアン』という言葉。私もいつかはナベリアンを名乗りたいと思った次第です。

店舗情報

自家製太麺渡辺

住所…〒981-3117 宮城県仙台市泉区市名坂新道18−1

営業時間…11時~14時30分

公式Twitterはコチラ!

自家製太麺渡辺Twitter

【ラーメン】自家製太麺渡辺のらー麺特大

その日、休みだった。日曜日以外に休みがあるなんて有り得るのだろうか?明日死ぬの?それとも地球が滅ぶの?隕石が迫ってきているの?などと思ってしまう。それほどにあり得ないお休みだ。

と言ってもやることはたくさんある。確定申告の書類を作らねばならぬ。お金がもらえるならまだしも搾取されるための書類を作らねばならぬのは私が馬で鹿なせいだろう。

学生時代に勉強していれば搾取する側になっていたかもしれないのだ。

散らばる領収書の山…カリオストロの城のルパンみたいにばら蒔ければどんなに気持ちがいいだろう。

鬱々とした気持ちで作業していたら時刻は昼である。おお!昼か!と車で向かったのは

『自家製太麺渡辺』さんです。

宮城県では片手五本の指に入る人気店。平日だからさほど混んでいない!というかそろそろラストオーダーの時間だ!ギリギリ入店できました。

迷わず食券機に千円をぶち込みケンシロウのようにボタンを押す。その時、間違って『らー麺特大』を押してしまった…。

大して腹は減っていない。事務作業だから当然だ。ヤバイな…でも間違ったとも言いづらいし…ええい!いけるだろ!と店員さんに食券を差し出した。

「俺はもう…死んでいる」

ハート様のように腹が割けるかもしれないと思ったが努めて平静を装いコップの水で唇を潤す。やたらに唇が乾く。

さすがは平日…それなりに混んではいるがとても静かだ。普段は結構人がいて黙食と言われても賑やかに話す人もいる。お店としては注意したくともグーグルレビューにああだここだ書かれるのもあるから注意しづらかったりするんだよなぁ…。

なーんて下世話なことを考えていると着どーん!!

ギョわぁぁ~凄いビジュアル!日曜日の私なら普通に食べたであろうが平日の私は低スペックなのでかなりキツイと思う。

なぜ間違えたし!?

バカバカバカ!私のバカ!

大盛りを頼んで残すのはご法度だ。眠っている私の潜在的なパワーよ…目覚めよ…目覚めるのだーっ!!

相変わらず太いワシワシ麺!

ふと思ったんだが…実は渡辺のらー麺って…胡椒と麺だけでも美味いんじゃね?

試しにスープに浸かってない麺に胡椒をかけて…ズルル…

反則的に美味いぜよっ!!

私は基本的にラーメンに胡椒は入れない派なんですよね。でも渡辺のらー麺はやたらに胡椒が合うのです!!

胡椒によって小麦の香りが引き立つのですよ。

もうどんどんいってしまいます!満腹中枢が働く前に胃袋の中へと収めてしまいますわよ!!

煮干しが効いてるスープが適度に麺にまとわりついて豊かな風味が広がっていきますね。

しかしここまで人気なのにインスパイヤ系が出てきませんね?私が知らないだけなのかなぁ…唯一無二のラーメンになってますね。ここまで安いとさほど利益にもなってないのでは?薄利多売というやつ…とも思ったり。

穂先メンマもシャキシャキとコリコリの食感があって美味しい。

ラーメンはスープが命!とも言われるけど渡辺は麺も命だよなぁ…というか麺が主役っぽい。麺に胡椒かけただけでも美味いなんて

どんだけぇーっ!!

スープは結構しょっぱいので完飲は出来ませんでした…。もう渡辺のらー麺は渡辺という食べ物なんだよ。

もう合言葉は『渡辺食いに行こうぜ!』

日本全国の渡辺さんが震え上がりますね!リアル鬼ごっこみたいな言葉が宮城県では飛び交ってるわけですよ。

『渡辺喰い』なんてB級ホラー邦画みたいな感じです。

『渡辺食いてぇ~…!』と徘徊するゾンビになりそうだ。

とにかく大満足で私も

「ひーでーぶー!!」することなく無事に退店出来ました!

もっと経験値を積めば超特大もいける!?

いや、無理か…w

ごちそうさま!また行こうッと♪

【ラーメン】自家製太麺渡辺の特大らーめん

月曜日。朝から雨だ。青空労働者の私はお休みとなった。

ひゃっほーい♪最高だぜ!!

だが·····雨の日はとても腰痛が酷い·····。なんて不便な体なんだ·····。私は悩みもがき苦しんだ。でも腹は残酷にも減るのだ。

ダメだ·····腹が減ってはなんとやらだ。

そうだ、今日は平日だ。有給(どこの次元の言葉?)を使って四連休なんて不届き者もいるかと思うがあくまで平日だ。

平日の月曜日、それも雨。並ぶ物好きもおるまいと向かったのは

『自家製太麺渡辺』さんです。

すぐに入店できてササッと食えてシャッと出れるはずだ!

店に到着すると既に満車かつ大行列!?

マジか·····。

皆さん理容関係のお仕事なんですか?

他店に駐車した人達が歩いてきては次々と行列を伸ばしていく·····うーむ。

これは相当時間がかかりそうだ·····。他店に停めるのはちょっと嫌なのでお店前の駐車枠が空くのをひたすら待った。結局20分程待ちやっとこ駐車。

しかし平日でもこの行列かぁ·····本当に凄い人気ぶり。日曜日とか絶対に来れないよ·····。

比較的若い世代が多い。高齢者は待つことが苦手だからな。

行列に並んで更に20分過ぎてようやく入店。颯爽と券売機で券を購入しスタッフさんに渡す。

ここで雨足が強くなってきてスタッフさんは機転を利かせて外で待つ客を招き入れる。こうした細かい気遣いが気持ちいいな。

すぐに席が空いて着席。程なくしてラーメンが

着ドーン!!特大麺400gだ。とにかく大迫力のビジュアル。

麺はゴワゴワの硬麺!!麺対アゴの対決だッッッ!!

箸でガっと掴みぐわっと持ち上げる。

スープは相変わらず少ないが濃い煮干しの味が付いてるので油そばのように底から混ぜながら食べると程よい味わいになる。

しっかりスープを絡ませた麺を口に放り込むッッッ!!

ガシッ!と前歯で掴み吸引力と舌を駆使して奥歯へと促す。

麺は奥歯に噛み潰されるがその硬さは健在だーっ!!スープによって引き立てられた小麦の香りが口の中に広がる。

く~~~~~~ッッッ!!

こいつは美味いッッッ!!

麺400gという迫力の前に臆することなく挑む。

私はかつてラーメン☆ビリーで麺600gを完食したことがある。それでも渡辺の400gはつらい!この麺の硬さである。満腹中枢が稼働する前に食べ切るのが理想なのだが渡辺のらーめんはそれを許さない!

耳の下辺りが筋肉痛になってくる。そろそろ味変をするかと胡椒を振りかける。私は基本的にラーメンに胡椒は入れない主義なのだが渡辺は胡椒を入れると爆発的に美味しくなるのだ。

味玉を割って食べるとチャーシューも難なく口の中へ吸い込まれていく。

ダイソンのごとく落ちない吸引力で麺を吸い込み完食!!

多分500gは無理ではないだろうか?挑戦するのはまだ経験値が足りない気がする。

普通盛り以上を注文して残すのはご法度だ。そして回転命の飲食店においていつまでも食べてる訳にもいかない。

自家製太麺渡辺を攻略するにはまだまだ実力が足りないというわけだ。

それにしても美味しいね。人気なのも頷ける。

もっと修行して力を付けてからまた来よう!!

ごちそうさまでした!!