タグ: 大洗町

【旅日記】茨城編最終回『大洗アクアワールド水族館…そしてさらば!茨城県!』

千波湖公園で黒鳥を初めて見て興奮していたが日も傾いていたのでその姿を鮮明に捉えることはできなかったのが残念だった。

夜は水戸市にある安宿にて酒を呑みながら茨城のローカル放送を観て楽しんだ。

翌朝、早朝に宿をあとにしすき家にて朝食を済ませる。

そして気になっていた建造物を見に行く。ずっ見えていた奇妙な建物。

水戸アートタワーだ。遠くから見るとウネウネしてて面白いなと思っていたのだ。水戸にいればどこからでも見ることができる。芸術館のシンボルタワーとなっていて内部の見学もできるようだが早朝なので断念した。

そして再び進路を大洗町へと舞い戻る。

流れ行く景色が懐かしさすら感じるほどにこの町の魅力にとりつかれていた。

大洗アクアワールドの駐車場に到着。天候が少し良くない…おかげで殆どの駐車枠が空いている。ラッキーうっほほーい♪と小躍りしながら駐車場を闊歩する。そして来たのがガルパン劇場版でカモさんチーム(風紀委員)が撃破された場所。

戦車が走行できるくらいの砂浜は無いんだな…。満潮なのだろうか?

そしてここは聖グロのダージリンとプラウダのカチューシャが四号戦車を陽動した場所。

しかしダージリンとカチューシャって仲が良いんだな。阿吽の呼吸であの作戦を完成させるのだから。

大洗シーサイドホテルからもらった割引チケットで入館するとその大きさに驚いた。

実は水族館はそんなにあちらこちらと行ってるわけではないので比べることはできないが迷子になるには十分な広さと言える。

圧倒的なイワシの群れ。ぐるぐると周回して泳いでいる。照明に照らされた体がキラキラと光って綺麗だ。

幻想的なクラゲ。クラゲって良いよなぁ…ゆらゆらと海の中を海流に乗って泳いでいる。クラゲだから悩むこともないだろう。死ねば水に溶けて無くなるのだ。転生するならなりたい候補の一つだ。

この魚…名前は忘れたが身近にこういう顔のおっさんいるわ。『パッチンコ♪パッチンコ♪』と週末になるとパチンコ屋に行って惨敗し週始めから憂鬱になっているおっさん。あまりに似ているために人面魚のようで気味が悪いな。

タツノオトシゴだ。不思議な形してるよな~。未来で絶滅してて図鑑か何かに乗ってたら未来の人はこういう生物がいたとは絶対に信じないだろうな。どこぞの地域では食べるらしいが美味しいのだろうか?

バックヤードから水槽を見下ろしたりも出来る。館内はさまざまなギミックがありいくら見てても飽きない。

水族館の人気者ペンギン。まず名前からして可愛いというのが反則だ。こんな可愛いのにその生涯はとても熾烈を極める。絶対に転生したくない候補の一つだ。まず寒いのが嫌いだから無理だろう。子育て期間はオスもメスも満足に餌も食えやしない。愛らしい姿からは想像できないプロジェクトXな生涯だ。

ペンギンに生まれるくらいならハゲデブメガネな人間に生まれたことでさえラッキーだと思える。

五十鈴華さんが活けた花があった!これはTV版で見ることができる。五十鈴流とはまるで違う自分だけの華道を見つけたのだ。

ガルパンは作中で様々なキャラクターの成長を感じることが楽しい。

ここにも大きな看板があった。もう街全体でノリノリだな!

外に出るとなんとなく寂しくなった。もう旅は終わりなのだ。

ただなんとなくふと思いついて飛び出してきた。その旅が今終わったのだ。

大洗町は本当に良かった。住んでもいいかなって思えるくらいに。町の人も優しくて一緒にガルパンを楽しんでいるようで温かい町だった。

ガルパンは永遠には続かないけど、町の賑わいを忘れないようにしてほしいな。

また来るよ、大洗!!

この町に来れたことは一生忘れない。

この風景も賑わいも…。

また来れる日まで~

パンツァーフォー!!

終わり

【旅日記】茨城編11話『大洗磯前神社です!』

大洗海岸を歩く。ここは砂浜ではない。

全部石!!波で揉まれて削れて丸くなった石がジャリジャリ鳴っている。これは珍しいなぁ。足が取られて歩きづらい…。

目の前には大洗ホテルに大洗シーサイドホテル。昨夜に入った大浴場が見える。

うん、よく見える…あれれ??

中丸見えやんけッッッ!?

わたしゃ、てっきりマジックミラーになってて外からは見えないものだとばかり…昨夜…仁王立ちにしてるときに女性が歩いていったよな?

猥褻ブツチン列罪なの??(;Д;)

まぁ、見られてもすり減るものでもないし一向に構わん!!

気を取り直しホテルの脇を通り抜けて大通りに出る。目の前には大洗磯前神社の大鳥居がある。

結構大きいなぁ。丁度朝日が昇り始めて鳥居の中に収まり神々しい感じになったが私のヘタレなスマホじゃ残念な感じにしか写らなかった。

しかしこの朝を大洗で迎えられたのは嬉しいな。私の人生なんて家と職場の往復だけで終わると思っていたのだ。毎年毎月毎日納期に追われて右往左往して気が付いたら還暦を迎えて、若い頃にもっと遊んでおけばよかった…なんて後悔するのだ。

人生の1日は一度しか訪れないのだ。

さて、この坂道を上った先に社殿がある。どれ、右に転回し左折して上がっていこうか。

劇場版でバスから見えた風景だ。

社殿。さすがに人の姿はない。案外早朝に来て正解だった。

夏休みになれば子供達はラジオ体操をここでするのだろうか?

そういや最近は神社や公園でラジオ体操とかやってるんかね?毎日通ってカードに判子を貰って全部溜まるとノート貰えるんだよね。

同じ地区に好きな女の子がいて毎日会えるのが楽しみだったっけ。あの子も今は結婚して幸せな家庭を築いてるに違いない。

ガルパンの絵馬がある。それも巨大なやつ!

絵馬がもう普通の神社とは全く違う。なんというか…レベルが高い!めちゃくちゃ絵心あるなぁ。私もこういうイラストを描いてみたいが残念ながら画伯なのでどうしようもない…。

あんこうチームとカチューシャが戦車で降りていった階段。

うわっ!結構急だぞ!?

これは確かに戦車で降りるには勇気がいるな…。

のぼりを見るとありがとう!ガルパン!と書いてある。

ガルパンで大洗町はふるさと納税も増えて若い移住者も増えたと聞く。東日本大震災で甚大なる被害を受けたが復興を後押しして加速させたきっかけにもなったのだろう。

いろいろと言われるアニメだけど、使い方によっては多くの人に笑顔を届けるコンテンツになっていくんだな。

さて、そろそろ朝食だな!腹へった!

【旅日記】 茨城編第8話『ノリと勢いの町です!』

大洗マリンタワーを満喫した私はそのまま町を散策する。劇中で見た景色が広がっているのは不思議な感じがした。

ここは…エキシビションでプラウダ高校のノンナが搭乗するIS2を一年生チームが阻止しようとするが跳ね返され砲撃を受けてシャッターに激突したシーンの舞台だな。

右手に見える茶色のシャッターだ。

そしてあの大勘荘の看板を倒して停止するのだ。おお!あのまんまだ!劇場版を観て現地で見てまた劇場版を観る。何度も楽しめるのがガルパンというコンテンツなのだ。

ここもお馴染みの場所だ。聖グラリアーナ戦で登場した。劇場版ではあんこうチームがローズヒップが搭乗するクルセイダーに追われるシーンで右側にチラリと映る。

このお店は最終章第二話でバレー部の面々と知波単学園の福ちゃんが食事をしていたお店。ここでのやりとりで突撃しか能がなかった知波単が巧みな作戦で大洗を追い込んでいったのだ。

あの展開には胸が熱くなったものだ。

そして大洗駅へ。

この場所はテレビ版最終回で黒森峰に勝った大洗の面々が集まり勝ちどきを挙げた場所。

『パンツァーフォー!!』

思わずやりたくなるが人目があるので小さくパンツァーフォー!

駅前にはパネルが…!いやぁ、ノリが良すぎるでしょう!そして勢いもある!

ここまでやると潔さも感じるし、聖地巡りに訪れる人も来るのが楽しみになるわけだ。実に素晴らしい!

おお!?タクシーまで…ボコだぁ!!なんて町だ!!

個人的にはタクシーの前に停まっているレトロな車も気になる。

なんか面白いな!全国的に見てここまでやっちまう町って大洗だけじゃないか!?町全体でガルパンを楽しんでるよ。

アニメ系に対して嫌悪感を抱く人もいるかもしれないが…私もかつてはその一人だった。

ガールズ&パンツァー?女子高生に戦車?

どうせ女同士キャピキャピしてパンチラしてヲタク向けに作られた美少女アニメだろが?と。

しかし、ふとしたことでガルパンを鑑賞したらまるでバナナの剥き方を理解したチンパンジーのように覚醒した。

気が付いたら私はこう発していた。

「ガルパンはいいぞ!!」

おお、そうだ。あの場所を忘れていたと来た道を戻る。非常に効率が悪いのだが行ったり来たりして町の散策を楽しむ。迷子になって…

『味の店 たかはし』さんです。

新生徒会長の五十鈴華さんがいます。

ここの名物は『みつだんご』 です。

温かい団子に甘いみつがトロリとかけられております。4本は多かったかな…?と思いきやおいしくいただきました。甘さもきつくなくてなんか昔懐かしい味がしました。