カテゴリー: 漆黒結社の戦闘員たちの日々

【漆黒結社】戦闘員の憂鬱

-とある戦闘員キクオの日記より

ヒーッ!

俺は悪の漆黒結社に務める戦闘員だ。世界征服に向けて日頃から悪事を働いている。

この前は日曜日だってのに怪人が登場する時に使う煙幕のリハーサルで出勤させられた。

『煙と同時に登場したらボスっぽくね?』

なんてカニ怪人の野郎が発案したものだから俺ら戦闘員は日曜日の休みを返上してひたすら煙幕投げてた。もうふざけんなって休ませろよな!

俺はカニ怪人の野郎が大嫌いだ。横にしか動けねぇから前に動く時に神輿みたいに担がなきゃならねぇ。

『神輿やないねんから!』とか言いやがるがカニ怪人はカニ味噌どっさり詰まってるからクッソ重たいんだ。そのカニ味噌の本領を発揮することなく頭の悪いアイデアばかり出しやがって…!泡と共に消えやがれっ!

ちなみに日曜日出勤しても日曜出勤手当なんか出やしない。もう普通に日当貰って終わりよ。あんなカニ怪人野郎に向かって煙幕ぶん投げて貴重な人生の一日を終わらせてしまった戦闘員の悲しみなんてわからねえだろうなぁ。

そういや我ら漆黒結社にもコロナワクチンの案内が来ていたな。俺ら代わりがきく戦闘員にもワクチンを打って貰えるんだからありがたいものだ。

戦闘員の休日は上司の私用に呼び出されて無くなる事が多い。総統閣下のゴルフに付き合って『ナイッショ!』っていう仕事とか、怪人達の愚痴を聞く飲み会で散々飲まされて二日酔いで倒れてたり、せっかくの休みも正義の味方との戦いで負傷して寝たきりになっていたり…戦闘員ってやつは本当に辛いぜ…。

でも俺らにしか出来ない仕事があるんだよな。今度の仕事はマンボウ怪人を倒した正義の味方に向かって『奴は四天王の中でも最弱…今度は俺が相手になろう』というカニ怪人の隣で肩を揺らしながら嘲笑う仕事だ。

いつかはこんな漆黒結社辞めて普通の職場に入りたいぜ。

漆黒結社の朝礼だヒーッ!!

漆黒結社の総統がありがたい訓示を述べている。
「え~、この通り暑いので~、熱中症に~、ならないように~してください。であるからして~…うんたらかんたら…」

足元は鉄板である。我々戦闘員はまるでたい焼きくんだ。
頭からつま先まで真っ黒なスーツを着て立ち尽くしてるしかない。せめて総統の訓示が終わるまでじっとしていなければならないのだ。

「ちくしょう…くそ長ぇなぁ…」
前の戦闘員が愚痴をこぼす。これは私も感じていた。とにかく無駄に話が長いのに内容はさっぱり入ってこない。

「水分の~、摂りすぎによる~、体調悪化など~うんたらかんたら…」
さっきから言われなくてもわかっていることばかり繰り返し言葉を変えて喋っている。

正義の味方なんて気まぐれなものだ。我々が働かなければ彼らは動く必要がないのだ。
我々が用意周到に準備をして、さぁ!これからだ!!という時に待ってましたとばかりに登場して邪魔をするのだ。
こっちは土日祝日関係なしにタダ同然みたいな賃金で準備してきたのに…何が悪は許さん!だ。こっちが許せねぇつーの…。

「我々の働きが~、社会への~、制裁となり~、世界征服への~、第一歩として~、うんたらかんたら」
よくもまぁ次から次へと言葉が出てくるものだ。
「昨日のワイスピ見たが?」
隣の戦闘員は完全に飽きて上の空だ。いつかはあんな主人公になって活躍したいとも思うが我々は所詮モブキャラに過ぎないのだ。

無難にコソコソとダンゴムシのように生きるしかないのだ。

「というわけでございまして~、今日も一日頑張ってください!」
「ヒーッ!!」