上品の郷の珈琲ソフト

支那そばや石巻さんを後にした私は暇を持て余していた。
厳密に言うと暇ではなく結構やることが溜まっていはいるのだが、この日曜日を満喫しなければ勿体ないじゃないか!

とは言うものの…いざ休みとなると特にやることもないというか休み下手なんだよなぁ…。

何に対してもアグレッシブになりたいとは思うものの先立つものが無いのでネガティブになりがちだ。

そこで向かったのは石巻の河北町にある道の駅
『上品の郷』である。
上品と書いてじょうぼんと読むのだ。

私は度々この道の駅には訪れる。なんて言うのかなぁ、誰かがいる安心感?

ただ何となく皆が楽しんでいる場所に行きたいだけなのかもしれないな。

ここには温泉施設があるのだがこのコロナ禍の状況ではなかなかそんな気にはなれない。

まぁ、温泉に入ってゆっくりしたいという気持ちがないわけではないがここで万が一感染したら人生が詰んでしまいそうだ。

上品の郷の外には…正確にいえば休憩室みたいなものがあるのだがその中に道の駅カフェがある。

そこの珈琲ソフトが抜群に美味しくてこれを目当てにやってくるのだ。

散々語ったが珈琲ソフトが食べたいだけだ。

コクのあるソフトクリームに苦いエスプレッソが絶妙にマッチしているんだな。

窓際に座り珈琲ソフトを食べながら行き交う人々を見る。

皆楽しそうだ。

私はいつからかおひとり様行動となった。
誰かと一緒にいると行動が制限されるので好きではないし、会話が途切れたりすると何かと気まずい空気が流れたりして気を遣うからな。

だが人並みに家庭を持ちたいという気持ちもないわけではないが…いつになったらそんな出会いがあるのかと思うが自信のなさゆえに飛び込む勇気もないわけで…。

しばらくは一人旅が続きそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。