私のスネの話

私は泣いていた。

何故ならばパイプに脛をぶつけたからだ。
油断はあったのかもしれないが普段からストイックに鍛えている私がパイプ如きに負けて脛をさすりながら泣いているなんて…。

これが本気で鍛えていたらパイプなんぞはひしゃげて折れているはずだ。
だが実際には私の脛が負けてしまったのだ。
剛毛に守られているとはいえ、普通の歩行速度で衝突したらその衝撃は結構あるものだ。

昨年のRIZINで堀口恭司と朝倉海の試合が話題になった。その明暗を分けたのが『カーフキック』と言われるもの。昔はローキックなんだけどね…。

それが筋肉がつけられない場所を蹴るものだからすこぶる痛いらしい。

ましてや格闘家の蹴りだもの痛くないわけがない。

まさに私はそれを体感しているのだ。これは痛い!痛すぎる!
たぶん、宇宙の帝王フリーザ様だって脛を角にぶつけたら「今のはちょっと痛かった」だけでは済まないはずだ。

時間にして5分?程度だったろう。回復を待ち立ち上がる。

うおぉ!痛い!めちゃくちゃ痛い!
これが左脚だったものだから帰りの車のクラッチを無事に切れるか不安になった。
こういう時にATだったらと心底思うがぶつけたのが右足だったら同じことだ。

アクセルを踏むよりもアクセルからブレーキに移行した時にスムーズに踏めるのかということである。

だが、あんなに痛い思いをしたにも関わらず家に着いてシャワーを浴びている頃にはすっかり忘れて紫色になっている脛を見て
「何故傷付いているのか?」
などと思いを巡らせたのは歳を取った証拠だろう…。

南斗聖拳最強の聖帝サウザーでも北斗神拳は効かないかもしれないが脛を蹴られたら「効かんなぁ!」とは言えないと思う。
ましてやケンシロウの蹴りだ。我慢にも限界はある。

それだけこの脛というものは人類の弱点なのだ。
この痛みを知ってるからこそ極力気を付けてはいるもののぶつけてしまったのだ。

何となくだがバッファローマンが足に付けているやつが欲しくなってしまったのだ。
あれなんていうのかな?

あれを改造して一定の距離を感知した瞬間にエアバッグが開き脛を守るなんて装備があったらいいよね。
小型の足の小指バージョンとかもあればいいかもしれない。

そんなわけで私の大事な脛の話でした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。